新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ウイルスのスパイク蛋白の変化によりACE2受容体へ強固に結合しやすくなる、といったメカニズムの話から、2回目の感染が起こった症例報告、集団免疫を獲得したと思われていたマナウスでの第2波といった公衆衛生学的な視点もあり、多面的に理解することができました。

感染の流行はウイルスの性質だけでなく、それを媒介する人間の行動が大きく関わります。感染者数の増加を変異株の影響と断定するのは難しく、事例の蓄積から判断していくことになりそうです。また、ワクチンの効果減弱がみられるかどうかについてはまだわかっておらず、検証には長期間を要するものと思われます。
人気 Picker
変異していくウイルスに対して現在接種が進んでいるワクチンが万能ではない可能性は以前から言われています。南ア、ブラジルの変異株についてはまだまだ分からないことが多いので再感染やワクチンの有効性低下の懸念は拭えないようです。
続報が待たれる。