新着Pick
2657Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アニメの制作にしがらみが少なかったことが、露出の増加に繋がり、ヒットになった。

原作の連載当初から読んでだので、最初は打ち切りになりそうな気配だったけど、ここまで化けるとは思いませんでした。
人気 Picker
鬼滅の刃。漫画はジャンプで中程度のヒットだった。。。しかしアニメ放映と共にで伸び始め、爆発的に映画が売れた。その秘密はSNS時代に合わせて著作権に縛られず、多くの配信チャネル、2次流通を確保したことだ、との考え。面白い!データエビデンスもあればすごく説得力がありそう。これが今後より自由に知財を扱う後押しになるといいですね。

具体的は以下とのこと
1. キー局を避けたので色がつかずいろんなところで放映できた
2. ストリーミングがNetflix, hulu, Amazon primeなどの複数チャネルでみれた
3. 製作委員会の数が限られてたので2次流通なども制限を受けずにやれた
4. コロナの追い風。
映画「鬼滅の刃」が興行成績の日本記録を塗り替えたのは記憶に新しいですが、他にも数多くの目を見張るような記録を打ち立てています。今回、作品論からビジネス構造まで、複数の関係者の取材を元に、大ヒットの要因を徹底分析しました。単なる「いい作品」というだけではない、興味深い構造が見えてくると思います。

ちなみに映画を見た私の感想は「自己啓発っぽい」でした(もちろん、素晴らしい作品であることは前提として!)。「悔しいなあ。何か一つできるようになっても、またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ」なんて、ビジネス書の見出しになりそうじゃないですか。そう捉えられるセリフが10以上目につきました。このことを一緒に見に行った人に伝えたら「NewsPicks脳すぎる」と怒られましたが。
戦略上で共通するのは、特定の利権者の色をトコトンつけなかったということですね。

4は運だとしても、1-3は初めて知ったので勉強になりました。
テレビ各局の存在意義や、クローズドな発想の限界を感じさせますね。


どうでも良いですが、ルフィも努力してますよw
少年ジャンプの王道は、努力、友情、勝利。
どの漫画にも組み込まれてます。
もうかれこれ30年、毎週かかすことなく読んでいる少年ジャンプファンとしては、聞き捨てならないですね笑
鬼滅が、作品としては、けして抜きん出ているわけではないと感じている昔ながらのジャンプファンは多いと思うので。
マーケティング妙味につきる。

面白い漫画は本当にたくさんあるので、沢山の人に見てもらえる契機になるなら良しとしましょう!
鬼滅の刃のヒット理由は、現代日本では希薄になった、何かに対する強い想い、自分を信じる力、諦めない力、家族愛、仲間への信頼が描かれているところに、老若男女問わず惹かれているのだと思います。
この4つは成功の「必要条件」ではないかと思います。これらを満たしたからといって大成功は約束されていないが、満たしていなければ確率はかなり低くなる。他のエンタメだけでなくスタートアップでもそうだとは思いますが、ふたを開けてみないとわからないところはあるので、ローコストでの参入とあたった時の加速が重要になっているのではないでしょうか。
今回のヒットの要因にキー局放映がなかったり、製作委員の数を絞ったりなどの工夫があったとされていますが、事前にそういった過去のデータをもとに進めたのか、それとも「きっとそうだろう」という仮説のもと進めた結果ヒットが生まれたのか、興味を持ちました。
ヒットの要因は、まずアニメから火がついた、製作委員会が3社のみであったこと、配信やテレビ放送でも独占契約しなかったこと、コロナの追い風で映画館での放映がたくさんできたことが挙げられるとのこと。どれだけ作品に自信を持てるかで独占配信する、しないなどどれだけリスクを取れるかでビジネスが変わってきそうですね。
鬼滅の刃の成功要因について、コロナの外出自粛で動画の視聴が増え、大作がない中で映画館を独占したことが大きな要因と解説されることが多いし、それも事実でしょうが、その裏にはビジネス戦略があった、という多角的に深堀された素晴らしい記事
クオリティが高いアニメ制作、特定のキー局と組まずにMXを選択したために各局で紹介しやすかった、特定の動画配信プラットフォームに依存しない全方位外交だったこと、製作委員会を最小にして多くの企業でコラボが可能になったことなど詳細に記述されています
「コアなファンがついてる作品を高いクオリティーで仕上げる」例として大成功ですね。
キー局に限定しない、特定のプラットフォームで限定配信しないなど、良い作品をなるべく多くの人に見てもらおうというユーザー目線のこだわりも今回の大ヒットに繋がったと思います。
鬼滅の刃のヒットの理由には色々な意見があると思いますが…

我が家ではまだ漫画を読んでもいない母に、映画を見終わった子供と保育園のお友達から得た情報だけの子供が、一生懸命、何が鬼滅の刃が面白いのかなんで人気なのかを説明してくれました。言いたくて仕方がない様子で、だいたいその話だけでストーリーのおおまかな概要はわかってしまったわけですが、(その後しっかり読みましたが)子供たちはお母さんを想うシーンについてをあつく語っておりました。
コロナ禍で今までに経験のない過ごし方が親にも子にもあったわけですが、そんな中でも家族を想う、人を想う話をする時間をつくるきっかけをもらったと思います。
またコラボレーショングッズが多く、ドリンク、文房具、マスク、消毒液、洋服と子供の生活のあらゆるところで登場し、色の組み合わせでも緑と黒、ピンクを見かけると連想するように、何かと見つけたら特別感があり嬉しくなります。これも、戦略的に人気にさせるストーリーのユースケースにのっかっているのかもしれません。