新着Pick

ワクチン副反応の専門機関、全都道府県に確保…厚労省方針

読売新聞
厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチンの副反応(副作用)に対応する専門的な医療機関を、都道府県ごとに確保する方針を決めた。副反応が起きた場合、接種を受けた人がかかりつけ医を通じてスムーズに受診できるようにする。3月
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ものすごく手厚い体制が準備されています。
これは、新しいワクチンがこれだけ多くの人数に一気に接種されるにあたり、問合せも一気にくる可能性があり、それにより接種が滞ることのないように準備しているわけで、
決してコロナのワクチンによる副反応が多いからとか危険と見込んでいるから、ではありません。

副反応の問合せに準備している、と聞くと、じゃぁ危険てことか、と誤解されそうなので、そのあたり誤解されないような情報発信が大事かと思います。
副反応の専門機関、、、不安な方も多いようですから、準備するのは良いことだと思います。

急性期総合病院や保健所が手一杯な中でどこがどうやってやるのかは気になります。

報告の多い局所の疼痛や頭痛、倦怠感といったものでも当然相談に来る方はそれなりに出てくるでしょうから。
副反応に敏感になる気持ちは理解できるのでそこをしっかり行政でフォローしてくれるのは一国民としてありがたい。ただ、現場がその人員をどう確保するのか...
かつてない規模のワクチン接種になりそうですからね。
HPVワクチンの二の舞にならないことを願います。
副反応を敏感に報道しないでほしいですね。
朝日新聞、毎日新聞、週刊新潮はワクチンデマを流しているので買ってはいけない

TBS もワクチンデマを流しているの見ないように