新着Pick
352Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
選択に迷うより行動する。

新しい経験をすれば、成長した自分にとって、さらに明確な判断基準ができます。

それまで迷っていたことが、実は自分にとってそんなに重要じゃなかったこともわかります。

選択の時間より、成長の時間を優先しましょう。
人気 Picker
選択肢の一択化は分かりますね。AdobeのCEOのシャンタヌ・ナラヤンも、身につけているのは常にハーフジップのニットです。毎日行うことについては、一択にしておけば選択で生じる労力や時間のロスをセーブでき、その時間や余力を他のことに充てられます。

自分自身を振り返って見ても、身につけるもの、ヘアサロン、鍼灸院等々、コンスタントに利用するものについては固定化する傾向にあります。
選択肢がゼロなのも当然不自由なんですが、選択肢を多くすれば自由になるかというとそれもまた不自由になります。道が多すぎるとかえって身動き取れなくなります。選択肢は常に3-4個くらいでいい。ひとつ新しい選択肢を取得したら、古い選択肢の中からひとつを手放す。それが一番幸せが続く。
程度の問題かと思います。私は人生の岐路において必ず選択肢が増えることを選びました。大学進学も、最初の就職先も、大学院進学も、その次の転職も、働く場所も全て将来の選択肢を増やすことに注力しました。まぁキャリアも半分消化して、満足いく会社と出会えたのでもうそれほど選択肢は必要ないのですが、でもいざという時の選択肢は残しています。

金融派生商品のオプションの価値は権利が消滅する瞬間まで必ず正です。どんだけOut of the moneyでも負になることはありません。人生における選択肢も同じことかと思います。もちろん記事が言う選択肢が多過ぎるとむしろ決められないということは理解できますが、人生やキャリアの選択肢をそもそもそんなに用意することは難しい。ポケモンや服装なんかどうでもいい話。

聖書マタイによる福音書にこういう言葉がある

「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。

大事なものの選択肢は増やし、どうでもいいことは選択肢は絞るが肝要かと
情報やノウハウが溢れる中、「選び方を選ぶ」、「学び方を学ぶ」といった意思決定前の段取り学習のニーズが高まっていることを感じます。ヘッドホンでもノイズキャンセリング機能が注目されていますが、日常生活においてその機能をどう担保するかは幸福度に影響しそうです。