新着Pick
346Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これも人材流動化が加速していることを示しています。

副業の解禁なども人材流動化につながりますし…。

厳格な解雇規制が維持されている中、終身雇用を維持できないと考える企業が側面から人材流動化を促しているのでしょう。
人気 Picker
今ジョブ型祭りになっていますが、ジョブ型になると、このようなことはできないのではないかと・・・日本はメンバーシップとジョブのいいとこ取りで行くべきではと思います。ジョブシェアといえばオランダの1980年代が思い起こされます。正社員の働く時間を短くして、人を切らずに雇用を守った。給与がどうなるのか、注目されますね。日本では信用というものが企業の正社員が基本で成り立っているので、雇用関係を切らず、企業間で人材を分け合うという柔軟なやり方で、流動性が高まるのかもしれません。
名古屋地域は三菱航空機などができたことで航空機産業を次世代の産業として大きく期待をしていた。コロナによる大きな需要減退は大きなネガティブインパクトだが需要が戻ってきている自動車産業で受け入れていくことは雇用の維持という観点で大きな意義がある。ましてやトヨタへの出向は学べることも大きいと思う。
今回のトヨタグループ、そして1000人の雇用を設定したパソナグループ…本当にすばらしいです。

みんなが苦しい時期に、自分も苦しい中で雇用を作り出す。信念なしにはできません。

550万人の雇用を支える、そして日本の経済を支えるのは、自動車産業です。
もし万一、それが勝てなくなったら、間違いなく日本経済は破綻します。

守りではなく、攻めで勝ち抜けるよう、業界内の立場として個人としても全力を尽くします。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
基本的には大変良いことだと思います。ある意味日本的でもあります。

一方、今後はジョブ型雇用が進み、それに伴い労働流動性が上がり、自身の商品価値を上げるためには所謂ポータブルスキル(専門技能・知識+仕事のし方、人とに関わり方の能力)を高めていくいうのが国のシナリオです。

ただし、全ての労働者がそうなれるとは限りません。
アメリカでもそうなれなかった人がた大勢います。その方々が「俺たちの意見も聞いてくれそうだ」と支持したのがトランプさんだったわけですよね。

白河さん言われている通り、「日本はジョブ型とメンバーシップ型の良いとこどり」というのがいいのでしょうが、言うは易し…という感じもします。
生み出したい価値を掲げて人をその魅力で集める。
トヨタグループなら価値が量産できると思う。
とても良い施策だと思う一方で、対象社員の皆さんに対してはどういうコミュニケーションのもとにこれが行われているのかも気になります。どういう文脈で、対象社員の皆さんにはどのような「腹落ち」を期待しているのか。当然「この状況下で仕事があるだけでも有り難い」という話でもない。もちろん、そんなことは無いと思いますが、この辺りは丁寧に行われていることを願いたいですね。
以前、三菱重工がトヨタ系に出向を打診しているというニュースが有りましたが、三菱重工、川崎重工業などから人員受け入れたことがわかったとのこと。

三菱重、従業員の出向をトヨタ系などに打診 業績悪化で=関係者(Reuters/2020年10月28日)
https://newspicks.com/news/5341051
ますます日本の景気すなわち自動車の図に
三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。川崎重工業(KHI)とIHIと共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
1.08 兆円

業績