新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
マコーネル共和党上院院内総務は弁護の準備の時間を作るため、と言っているが、マコーネル自身もトランプを弾劾し、共和党からその影響力を排除したいと思っているので、この間に弾劾賛成票を取りまとめるつもりがあるのかも。
人気 Picker
「一定のトランプ批判をし、“禊を終え”てからの弾劾否決」というマコーネルのシナリオ。人事任命承認(さらにはコロナ救済法案)を急ぎたいシューマーの2人の思惑の合致かと思います。上院への送致そのものも、ペロシ下院議長にとっては“禊”。
この問題の本質は、根深い米国の分断にある。議会襲撃事件前の時点で、バイデン氏の大統領就任を支持しない米国民が半数近くあったが、今なおその数は多い。分断の原因は、高学歴層と低学歴層とが社会的に相容れないことや、経済的格差の拡大がある。そしてこの分断は、米国だけの問題ではない。

議会襲撃の扇動におけるトランプ氏の責任は明らかにする必要がある。しかしそれを明らかにしても、分断の問題は解決しない。分断の解決には、PosnerとWeylの”Radical Markets”が提唱するような、社会的・経済的システムの抜本的な変化が必要だと思う。
【国際】既に任期を終え退任した前大統領の弾劾を行うことにどんな意味があるのかがわからない。新政権高官人事の承認や新型コロナウイルス対応を迅速に行わなければならないことを考えると、政治的リソースは優先課題にこそ向けられるべきと思うが…。