新着Pick

都心降雪量、5センチ予想…関東甲信で大雪の恐れ

読売新聞
日本の南に停滞する前線や低気圧などの影響で、関東甲信地方では、23日の昼前から雨や雪が降り出し、同日夕から24日にかけて、平野部も含め、広い範囲で大雪となる見通しだ。気象庁は交通障害などに警戒を呼びかけている。 同庁に
117Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
路面が凍結すると、毎回「転倒で怪我をした人」のニュースが流れます。

「自分は大丈夫だ」と過信することなく、十分注意しましょう。
人気 Picker
予報が雪方向に転び始めましたね。しかし、雪か雨かは降り始めるまでわかりません。予報は今後もひっくり返る可能性があります。外出予定のある方は引き続き予報をこまめにチェックしておいてください。
関東地方については、現在は弱い雨ですが、夜にかけて特に関東北部、また埼玉や東京の多摩地方、神奈川県の内陸部などを中心に冷たい空気が地表付近に滞留する(滞留寒気)と予想され、これにより夜にかけて雨が雪に変わるところが出てきそうです。雪は24日朝ごろまでで、その後はやんでくるとみていますが、電線や路面の凍結による影響もありそうなので、十分ご注意ください。

先ほど国土交通省からも大雪に対する緊急発表がありました。降雪量は大雪というレベルではなく、多いところでも10cmの予想ですが、気温が先に下がってくると積もりやすく、数cmの積雪でも交通機関には大きな影響がでますし、夏タイヤでの運転もまず不可能となります。
どうぞ今夜から明日の朝にかけては、交通機関の情報には十分注意するとともに、足元にも気を付けていただくよう、お願いいたします。
ばっちり食料は買ったので、今日と明日は家から出なくても大丈夫👌
仕上げないといけない提出物がありますが、外出しないとなると中々やる気になれません。
食の分野だとフードデリバリーは雨や雪になると注文増えますが、当たり前ながら雪が最も事故のリスクが高まります。焦るとろくなことないので、時間にゆとり持って進めたいところです。
雪も降りますと路面凍結が心配になりますね。それによってフードデリバリーの事故などが起きないと良いのですが。