新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
面接で熱意を訴える方はいますが、ちょっと方向性が違うと面接官としては結構引きます。なのでプラスになることもマイナスになることもある。程度問題かと
人気 Picker
書類選考の後 面接という順序で進むと思いますが、実際に仕事をしてみないとわからないというのが本音。
これは採用、応募者 どちらにも言えること。
熱意がないのは問題だが特に中途採用はスキル重視。
Webでも対面でも 何を伝えたいかをクリアにすることから考える。 そして 伝える方法を工夫してみてはどうだろうか?
20代のあなたが「憧れる企業」が、「熱意のアピール能力」を重視することはないと思います。もちろん「熱意」は極めて大切ですが、その「熱意」を測る指標としては、仕事での結果がその指標になります。もし、結果として出せていなくても、「これまで何を考え、何をしてきたか」の問いに対する答えから判断できます。

これが学生さんと、若手社員さん、企業さんの動きを見てきた感想です。まったく心配はいりません。20代で転職希望される方は、「仮説→実行→振り返り→新たな仮説」のサイクルを回し、力をつければ良いと思います。

上記は「その仕事に高スキルの素養がなくてもとりあえず飛び込ませて良い人が残ればよい」と考える企業への転職には当てはまりません。ご了承ください。
大丈夫ですよ。熱意はWeb面接でも伝わりますから。それに、インタビューの進め方も含めて、企業側もそれなりに考えてる。「対面だったら良かったかもだけどWebだったからダメだった」ということは無いですよね。
もし、そんな企業があったとしたら、そこは行くべきではないところだった、と。考えて差し支えないと思います。
このコメント欄読めた就活前の学生さんにはいいインプットになったのではないか。

熱意という、お化粧より、本質を磨きましょう。
本質とは、ご自身の価値観とかマインド、行動様式や思考様式と、自分なりに考えてる方向性かと。ここらへんは、これまでの学生時代までの出来事で表れてるはずのモノですので。伝える際にわかりやすくなるようにまとめておけばいいかと思います。盛る必要もないですし、そのままの自分での評価で採用されたほうが、長い時間過ごす会社では辛くないかと思います。
熱意で採用しません。あしからず。
未経験の新卒じゃあるまいし。
熱意をアピールすれば転職に有利という考えが間違っているので、Web面接だから伝わらないというのは関係ないかなと。

企業側の条件とマッチまたは求める以上の経験やスキルがある、地頭が良くて自発的に成長して貢献してくれそう、という点がWeb面接で伝えるポイントかな。
現代の熱意って昔のそれとは違うような気がします。「やりたいです!」「できます!」と力強く言えるかなどではなく、成功でも失敗でもその内省から何を得ているか。静かな語り口でもその深さや真剣さから熱意を感じる方はいらっしゃる印象をもっています。