新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
強力な措置をとったとしても、それを守らない人が多ければ感染は防げない。英国はより罰則を強化し、ルールを守らせようとしているが、果たしてそれが成果を上げるか。民主主義国で中国のような権威主義国家の手法が成功するかの実験。
人気 Picker
色々と教訓がある記事です。

何よりも、強い行動制限の下でも、守らない人が英国に多いという点。守らないのか、守れないのか、私は両方の側面があるように思います。個人主義の観点から守らない人もいれば、もはや疲弊して守れない人がいるはずです。

前者の場合、罰則規定を強化すれば行動が変容するかもしれません。しかし後者の場合、罰則規定を強化すればさらに反発を強めるでしょう。それこそ大規模なデモが発生し、制御不能に陥るかもしれない。さらにそれがドミノ現象のように各国に拡がり、なし崩し的に、レッセフェールなウィズコロナが成立する。あり得ない話ではありません。

日本の場合、緩い行動制限でも、やはり皆さんが頑張っておられることは明白です。守らない人も居ますが、まだ守れない人は少ないかもしれません。しかし後者が今後増えていく可能性は極めて高いでしょう。不満は他者とではなく自分の過去との間で比較されるものです。諸外国に比べれば軽くても、皆さんストレスが溜まっているはずです。

ヨーロッパの場合、コロナが厳しいだけに、臨界点も今すぐそこにあるような気がします。英国だけではなく、例えばドイツやフランスで普通の人々に医療用マスクの着用を何の前触れもなくいきなり義務付けようとするなど、当局の対応として疑問符が付くケースが出始めています。コロナという木を見て社会という森を見ていない印象です。こうした中で、おいおい、夏までかよ、マジ?という不満心理を高めてしまって、一体どうするのかな?と。

ヨーロッパ各国では、閣僚が息抜きに行動制限を破っている姿がメディアにより暴かれてもいます。そんな奴らに我らの自由を奪われてたまるか!と、そのうち社会が爆発しないか、革命などが好きなお土地柄ゆえ、気がかりです。
イギリスと南アフリカとブラジルでは、ウイルスの変異株の発生によって深刻な事態に陥っている。イギリスの隣国フランスでも、一部の専門家は、イギリス由来の変異株が広まる前にロックダウンする必要性があると訴えている。この変異株は、第一波のときのウイルスとは別物と考えるべきだというわけである。さらに、イーストアングリア大学(イングランド)の研究によると、たとえ英国民全体がワクチンを接種しても、集団免疫の実現には不十分なのではないか……という結果が出されている。
https://fr.news.yahoo.com/covid-19-et-si-taux-eleve-vaccination-ne-permettait-pas-immunite-collective-110612319.html
なお、ジョンソン政権は、罰則だけではなく、陽性者に500ポンドを支給することも検討している。
https://fr.news.yahoo.com/royaume-uni-verse-500-livres-positifs-covid-19-115513950.html

いずれにせよ、イギリス由来の変異株は危険で、甘く見てはいけない。その水際対策で失敗すると、恐ろしいことになる可能性がある。
ワクチン接種が始まってもロックダウンは春以降も続くかもしれない。例の英紙五輪報道が出る背景には、欧州のこうした状況も影響しているのではないでしょうかね。
ホームパーティに11万円の罰金を課さなければならない
英国の状況は切ないし、他山の石としなければならない。

感染拡大を抑えるのには、個人の行動制御でなんとかなるはずで、
それを怠るから感染は拡大し、英国のような事態も起こる。

緊急事態宣言下で、日中の人流が減らないということは、
人の行動が明らかに昨年と異なってきていることを意味する。
「罰則」に縛られる前に「良識」と「思慮」で今の事態を乗り越える
日本人でありたいと思う。
お気の毒ですが、自然災害に対する人智の限界を感じる記事。
封じ込め論こそ、「コロナを舐めている」のかもしれません。
英国で危機感が高まっている。罰則規定の強化、ロックダウン継続など。それに比べると日本の対策の甘さ、危機意識の低さが際立つが、法律や行政の批判をしても仕方ない。個人個人が不要不急の外出を控えるとき。
同じ島国として、新型コロナにあえぐイギリスの状況は心配です。いくつかの報道を読む限り、名ばかりロックダウンを繰り返しつつ、死亡者が一日4桁に達している状況は目を覆うばかりです。「名ばかり」とは言え、罰金やら自粛やら、休業やら失業やら、日に日に状況は悪化し、国民の不安と鬱憤がたまっていることは想像に難くありません。中国に身を置く自分としては、もし「ロックダウン」と言うなら、中国くらいまで踏み込まないと、到底理想的な対策にはならないだろうと実感します。しかし、僕の結論は、普通の国でそんなことはできない、と。昨年、スウェーデンの感染症対策トップが語っていたことらしいですが、ロックダウンの効果は乏しく、緩めて広がり、閉じてもその時だけの効果と語っていたロジックを思い出します。

ただ、相変わらず、反感を買うようなことを言って恐縮ですが、この新型コロナは、イギリスであっても死亡率は高くありません。皮肉なことに、感染者数が増えれば増えるほど、死亡率は当初言われていた以上に下がります。もし、お亡くなりになる方がいても、やむを得ない。それでも、市中ではみんなが気をつけ、高齢者はとにかく隔離で保護を強化する。しかし医療の段階では、特別措置をしようとしない。そんな「肩の荷をおろした」やり方で仕切り直した場合、果たしてどうなるのでしょうか。そんなことをついつい考えてもしまいます。ゼロリスクに固執し、医療機関を混乱させ、本来亡くならないですんだ方を死に追いやっている実態があるのだとしたら、立ち止まって考えることも必要だったような気がします。もはや後には引けないほど、大騒ぎ(やむを得ないのは理解しますが)をしてしまっているのが、心配です。
経済政策どうするのだろう。。
ここから学べることは「慣れ」と「疲れが限界にきている」ことで、政府からの施策も罰則なしでは機能しなくなった…ということだと思います。

最初、2度目、3度目となると、人びとの理解や対応も違ってきます。日本の緊急事態宣言も、同じことなので、英国のプラクティスから学んで反映することで、施策を効果的にできる可能性があります。

逆に言えば、どんなによい施策でも、「慣れ」と「疲れの限界」という人間の心理を考えなければ有効策にならないということでもあります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません