新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
『デジタル広告に関してはアメリカは前回予想の19位(1.7%増)から2位(7.5%増)につける。』

納得。記事には日本のデータは出ていませんが僕の感覚値だと2020年の日本のインターネット広告市場は前年比で3-5%のプラスという感じでしたが5%超えるのかも。うーん、そこまでは強くないような、、、
人気 Picker
一般的にはコストダウンの4Kとして、
1.交際費
2.広告宣伝費
3.教育研修費
4.研究開発費
に該当する広告宣伝費が落ちるのは必然。
一方、メディア可処分時間が増加し、広告主が減るのであれば、逆張りに投資をできる会社やブランドはポジションを確立できる。
生きるか死ぬかのサバイブ状態でなければ、この機に逆張り戦略で仕掛けられるかが経営手腕でもあり、マーケティング手腕でもある。
さらに言えば、広告に頼らない自社によるトラフィック(中国では私域流量と言われる)をしっかり構築している会社は強いし、構築する絶好のチャンスでもある。
多角的に広告というものを見直し、消費者獲得やエンゲージを高める戦略の有無が、1〜2年後に大きな差になっていると思います。
EC活況とはいえ消費自体が落ちてる中、なかなか伸長はしないですよね。企業の体力も重要なファクター。状況の変化に加え、消費者ターゲットも細分化されてきており、絞りづらい時期でもあったと思います。
昨年は大規模な新製品の投入を見合わせたりというカテゴリーも。
いろんな影響が絡んでいますよね。
コロナによってニュースが中心になってしまいますがSNS含めもの凄くメディアリーチって強烈になっているはずですよね。本来はここでしっかり張れるところが勝つんだろうなぁ、、と思いつつも世の中の流れとしては納得の数字です。
広告は社会情勢を表す鏡ですからね。。
スペインの打撃は凄いですね。。
まだ底じゃないかもしれないというのが怖いですね。。
「2021年にはパンデミック前の水準に戻る」という予測が重要。
日本は何位なんだろ。購入した人、教えて。