新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
AppleのARの登場にかなり期待していたので残念ですが、
VRでどこまで他社と差別化できるのか楽しみです。
人気 Picker
もし本当だとしたらVR業界にとっては普及が加速する大ニュースですね。

VRヘッドセットは、技術と費用の面で難しい製品ですが、既存プレーヤーにライバルが増えることで、利用者にとって使いやすく、費用も購入しやすくなるよう進化していくでしょう。楽しみです!
2022年にAppleもVRヘッドセットをローンチとの噂。22年はPSVR2も来るだろうし、現状のOculus Quest2の売り上げも絶好調。VRが本格的な急成長期に入ってきた!
VRヘッドセット、車と新たなハード展開の動きが見えるApple。ジョブズ後の製品展開でヒットしたものはAirpodsくらいという感じでしたが、次の時代に向けて動き出した感があります
あるあるだけど、日本語版は原文を省略し過ぎですね。

一旦はVRにも取り組みつつ、課題を解決出来る時期が来たら、一般向けにも買いやすい価格のAR/MRグラスの販売に繋げていくのでしょうか。
アーリーアダプター向け、VR先行でアプリストアや開発環境などのエコシステムを整えていき、AR/MRグラスの普及に向けた準備をしておきたいのかな。この報道がどこまで合っているのか分からないけど。

だだ、AppleのCEOは以前から、FacebookやGoogleに対する牽制なのか、ボジショントークなのか、VRへの否定的な発言が目立つ。
Appleのティム・クックCEOはVRについて、「現実世界から引き離された」「誰もそんな所にこもりたくない」といったコメントをしている。VRは現実世界の一部ですらない。ティム・クックCEOからすれば、VRは「現実逃避」であり、悪影響すらあると考えていて、全否定に近い。
市場規模の成長はAR/MRの方が大きいので、将来的には目指す方向はFacebookも同じですが、他社への批判的なコメントを言わずにいられないのがAppleであり、AppleのCEOなのかなと思います。他社を批判して、自社を持ち上げるのはAppleがよくやる手法。

『アップルのティム・クックCEO、「VRよりARに大きな可能性を感じる」(ABCインタビュー) - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) -』
https://wirelesswire.jp/2016/09/56511/
『「ARはすべての人のために」アップルCEOティム・クックが語る | Mogura VR -』
https://www.moguravr.com/ar-is-for-everone-like-the-smartphone/


MacとiPadの融合にはデメリットがあると言ってたものの、MacでもAppStoreのアプリが使えるようになり、ユーザーの利便性を考えたらMac OSデバイスもタッチ対応になりそうな情勢。
お得意のという表現があっているかは分かりませんが、VR関連のコメントも肯定のための否定であり、過去の発言を忘れたかのような記憶喪失が発動するのでしょうか。
「現実世界から引き離された」「誰もそんな所にこもりたくない」といったコメントのフォローが気になります。
アップルの弱点はハードウェアがすべて自社開発している点かもね。様々な機器がデジタル化していくと、破綻しそう。
アップルのVRの開発計画。拡張現実(AR)グラスよりも、高性能の仮想現実(VR)ヘッドセットを先行させる計画で早ければ2022年の発売を目指しているとのこと
正解ですね。ただ、Apple製なので、安価ではないだろうことが心配です。

高性能なVRヘッドセットが、普及価格ででてきたら、一気にVRの世界が爆発的に伸びるでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
これは楽しみ。軽くてシンプルなデザイン。買う^o^
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
234 兆円

業績