新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こうした話、プラットフォーム視点ではよく出てくるのですが、インキュベーション視点ではあまり出てこないのですよね。
人気 Picker
NAVERのWEBTOONは、韓国でメジャーとなり、ドラマや映画の原作として世界各国でも話題を呼んでいますが、今までだと国ごとのプラットフォームに版権契約を結ぶことが多かったです。しかし、アメリカやカナダでたくさんのユーザーを持つWattpadを買収することによって、北米市場でNAVERのWEBTOONを積極的に広めることができそうですね。実は今韓国コンテンツ界で一番熱いのはウェブ漫画です。ウェブ漫画の今後の成長に注目が集まり、様々な投資も行われているので、このニュースはなるほど!と思いました。
このマーケットありますよね!ネットで流行ったものが書籍化される。ネットから始まりリアルにも展開される流れは小説に限らず増えそうです。
これからは誰もがアーティストやクリエイターになれる時代。この流れは徐々にバーティカルになっていくので、新たなプラットフォームとしてビジネスチャンスがある。
ネットのネガティブな弊害が目立つ昨今。
こういうポジティブなニュースはウェルカムである。

インターネットはいろんな意味で
人間に選択肢の多様性を与えているんだなと
改めて思う。