新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕自身マカオ生まれ日本育ちで、日本への愛着もかなりありますが実は日本国籍の取得をまだしていないです。日本の国籍は持ちたいですが、愛着としてある国籍を捨てれずにズルズルと20年ほど持ち続けています。
二重国籍は海外で持っている友達が多いです。二重国籍のメリットは、アイデンティティの多様化を証明する印としてあると思います。さらに、グローバルでビジネスでやっていく上で、就労ビザなどの取得の手間の簡略化にもつながります。日本の労働人口が減少し外国人労働者が増加している中で、帰化率を上げ、日本国籍取得者を増やすのは国として大事な施策の一つだと思います。この二重国籍問題については、令和時代だからこそ改めてスポットライトを当てる必要があると思います。
この問題は、立法府である国会の守備範囲です。

裁判所が簡単に違憲判決を出すのは、司法権による立法権の侵害にもなりかねません。
ダブルナショナリティが許されている多くの欧州、アメリカやカナダの国籍を持つ友人達が言うには、グローバルで移動するビジネスをする時に、ダブルナショナリティは、リスクヘッジになると言います。

政治的主張が強い国だと、敵対国において想定外な制約を課されるからだと言います。

日本は、そのような扱いを受けるような国が少ないので日本人であると気が付き難いリスクです。

あと、最近よく聞くのは、日本に残る老人の介護問題。
日本の介護政策は、子供が日本人であることを前提としていることがあまりにも多いようです。
いずれにせよ、その立場にならないと分からないことが多い問題ではあります。
違憲かどうかで問われれば、違憲ではないだろう。

ただ国籍法が現状に合致しているかどうかという政策的な部分で言えば、間違いでしょう。人口減少しているのに、他国の国籍を取っただけで日本国籍を喪失させるのは国にとって不利益だと思う。

シンガポールや中国も二重国籍は認めていない。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア