新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
“ 一方、KF健保は「いかなるメディアの取材も受けていない」と取材を拒否した。”

無敵過ぎいぃぃぃいいい
人気 Picker
興味深い内容です。
従業員が2,000人を超えたあたりから自社健保に切り替えた方が金銭的メリットがあるなか、9,000人で総合健保とは余程のことがあったのでしょう。

IT企業は日本一潤っているといわれる関東ITS健保に入っていることが多いですが、楽天やヤフーは規模の拡大に応じて自社健保に切り替えています。

従業員の数に関係なく総合健保から抜けないのでいうと、ゼネコンが有名ですがいろいろな業界事情があるのだと思います。
気になる事案。それぞれの観点からは合理的な主張だし、それが当たり前だが対立になる。
アダストリアが抜けるには、健保に承認をもらわないとだめなのだろうか?何か強引にでも突破できる方法があるとしてそれでも今は残っているのであれば、卸の影響力を懸念してそれでもコストを負うほうが現段階では合理的という判断?
存在意義の薄れた業種が既得権益ばかりを追求して、新しい業種のお荷物になっている例は他にもたくさんあります。

「取材に応じない」ことから一方的な内容の記事になっていますが、おそらく実態は記事内容とさして違わないのでしょう。
健保組合が脱退を否決できる権利があるというのが驚き。酷い話
既得権益を感じます。アダストリアに脱退されることが大きなダメージになり、他の脱退の連鎖につながる可能性もあるとは思いますが、それは現状が良くないからで、改善する必要があるのではないでしょうか?それなしに、脱退だけを拒否するのは理解してもらえないように感じます。
アダストリアさんの言い分、とてもよく理解できます。百歩譲って多少「多め」に保険料を負担するとしても、そうであれば、健康保険組合は「変わりゆく社会状況」にビビットに対応していくべく努力をもっとして欲しいと思います。
アダストリア側の言い分が多分に反映されている記事だが、まぁ実態はそれほど記事内容とかけ離れていないでしょうね。単一健保を設立すれば一人当たり4万円安くなるってことは、今はアダストリアが他社のコストを構造的に被っている形だということは容易に想像出来る。それでいて必要なサービスを提供してもらえないんじゃ脱退したい気持ちは理解出来る。

意思決定をする理事会はどういう風に選出されてどういう構成になってるんですかね?似たような状況を抱える加入企業と組んで理事会で過半数を握ることは出来ないのだろうか。
健保を自由に脱退できないことが驚き。
前職では東証健保に入っていましたが、出産一時金で15万円上乗せされました。東証健保は外資系の社員が多額の保険料を払ってましたから。しかし、KF健保の2万円は寂しい。
株式会社アダストリア(英語: Adastria Co., Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本部を置くカジュアル衣料品および雑貨を中心としたSPAブランドを展開する企業。2013年9月に株式会社ポイントが株式会社アダストリアホールディングスに商号変更、事業部門を同年新設された(新)株式会社ポイントに会社分割し、持株会社となった。 ウィキペディア
時価総額
956 億円

業績