新着Pick
899Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ポイントは「全体を俯瞰してコンテクストを読み解く力を養う」なんだろうなと感じました。

音楽はそもそも良い悪いの判断基準が個々人のコンテクストや哲学に紐づいているので、そこを棚卸して、他者に伝えないと、簡単にディスコミュニケーションになりがちです。

この音楽は、何でこうなってて、何故それを聞くと私が心地よく感じるか、逆に何故一部の人にはその魅力が伝わらないのかという事をロジックと音楽技法を使って突き詰めていくと、結果的にコンテクストを読み解く力が身に着くんだろうなと。

とはいえ、美術や映像制作などのアート制作でもコンテクストを読み解く力は付けられるので、他にも理由はある気がしていますが。
人気 Picker
MITに限らず、米国の古くからある大学で音楽が重要な科目であるのは、創立当時からのことです。それは、ヨーロッパの大学でも中世以来、音楽が重要な科目であったのを引き継いだものです。
 音楽はヨーロッパの歴史を通して王侯貴族の必須の嗜みであり、教会に不可欠でもありました。聖職者が大学卒業者の進路の大きな割合を占めていた、ということもあります。
 リベラル・アーツというのは、世界を統合的に理解しうる知識を網羅的に身につけることです。その中で、音楽は数学、天文学とともに、重要な知識と見なされました。というよりも、数学と音楽は不可分と考えられました。中国でも、儒教では元来、音楽は秩序の理想として重視されました。インドの思想でも、音楽は世界観を表現する方法として重視されました。しかし、音楽を数学と不可分と考えたのはヨーロッパだけでした。
 ヨーロッパで数学と音楽が不可分と考えられたのは、古代ギリシアのピタゴラス以来のことです。この考え方はキリスト教会にも引き継がれていき、やがて物理現象も音楽も、数式で表現しうる、という考えが追究されていきました。自然科学と数学を結びつけたことが、18世紀以降、世界を制覇したヨーロッパの科学と文明の基礎です。音楽を大学で学ぶ、ということは、このヨーロッパの科学と文明を成功させた基礎を養い続けてきた揺籃でした。知識の体系に占める音楽の重要性は、ヨーロッパ(+北米)と他の文明では、まるで違います。
理系大学の最高峰であるマサチューセッツ工科大学(MIT)で、音楽の授業の人気が高まっている。その熱狂を、音楽ジャーナリストの菅野恵理子氏がレポートした一冊を今週は取り上げます。

MITの音楽授業は、科学技術者の卵たちにどんな影響を与えているのでしょうか。音楽そのものの知識はもちろん、世界のあらゆる問題解決には芸術や人文学の知見が必要であるという考え方は、週末にこそ取り入れたい感もあります。ぜひご一読ください!
学問的に音楽を勉強するのも大事ですが、楽器やPCなどを通して「人と共演する」ことにはたくさんのメリットがあります。

相手の次の行動を予測して動く、表現力を磨く、ストーリーを紡ぐ、相手の話(音)を聞いて応える、足並みをそろえる、チームワークをつける、、

1人で好き勝手弾くのは簡単ですが、人と音楽を創るというのはかなり高度な技。社会でも役に立つことばかりです。STEAM教育というワードもだんだんポピュラーになってきましたが、「自分は楽器が弾けないから音楽は分からない」なんて言わせないためにも、アートを教育に取り入れるのは必須です。記事にもあるように、ラップトップ1つあれば、誰だって音が奏でられますから。
感性を磨くことが人生に大切なのは不思議な事ではありません。日本の場合、あまりに受験にフォーカスされすぎて効率的な分野を学ぶ事に偏りすぎています。
科学の進化には創造力が必要ですが、その造像力を与えてくれるもののひとつが音楽。絵画でも写真でも映像でもなんでもいいと思いますが、音楽が特に効果的なのでしょう。胎児から音楽を聞かせるといいという話もありますから。

昨日NHKのあさいちで清塚さんがピアノの演奏と音楽の解説をしていましたが、クラシックの解説はとてもためになりました。ベートーベンがロックだったなど目から鱗。
MITが2019年に設立した最新のコンピュータスクールでは、音楽を学ぶコースがあるという記事ですね。またそもそもMITは人文・リベラルアーツ教育の伝統があり、1980年代以降、芸術重視の傾向をさらに強めているとのことです。

>「音楽学科長のキーリル・マカン先生によると、問題を創造的に解決するにはアートや人文学での経験が必要だと、多くのエンジニアが認識するようになったからだという」

企業内人材育成においても、実務・ビジネススキル教育だけでなく、経営階層に近づくほどリベラルアーツに対する教育が求められています。人間を理解することが、事業創造の根底にありますね。
そういえば、窓のある方の図書室 (例のドーム内の図書室は窓がないので余り好きではありませんでした) の近くに、ピアノのあるホールがありましたねぇ 今絵がパッと浮かびました いまは変わってしまったのでしょうけど、もうずーっと前なので

音楽の旋律構成と各パートの組み立て(特にクラシック)は非常に工学的のようですからねぇ そこから類推すると、作曲というのは工学設計と非常に近いアクティビティなのでしょうねぇ そして、演奏は製造と本質的に非常に近い気がしますねぇ 恐らく、ワタシの専門である、部品製造性、組み立て性を考慮した設計、と相似のコンセプトもあるのでしょうねぇ クワシイ方オシエテ

追記
あ、この歌手の声域に合わせた曲 (部品生産性)、この奏者と楽器を生かすための伴奏 (組み立て性)、みたいな感じですかねぇ the 5 th elementのエイリアンdiva (humanでは不可能な音域で歌える) みたいに
追記オワリ
これが比較文化論を学びなさいだとうまくいかないんでしょうね。音楽って感性の部分と理論の部分と両方持ち合わせているので、理系脳(という言い方自体が本質的ではないですが)も勉強して楽しいんですよね。音「学」ではなく音「楽」たる所以と言いますか。
結構古い&すごく分厚いのですが、フィリップ・ボール著「音楽の科学」という本は面白かったなぁ。
音楽は全体でしか存在しない。成熟により全体を失った技術、産業へのヒントなのですね「物事は多くの複雑な要因から成り立っている。これを読み解くには、「より大きな全体」を見る目を育てることが不可欠である。このとき、音楽を学ぶことで、全体を俯瞰したうえでコンテクストを読み解く力を養うことができるのだ」
4つのポイント全て今とこれからに求められる事だなと思います。誰しも同じ時間が与えられていて、その時間をどうこなすかで差ができたり、生まれ持ったセンスで時短できる人もいると思います。多様化とパラダイムシフトは今や否定出来ないです。以前からこの4つの要素がシラバスや理念にあったということはどんな世であっても立ち向かえる、そして、客観的に楽しめる力があると本当に頼もしい人材が輩出されておかしくないという事が改めて把握できました。人生ずっと学びですね。ありがとうございます。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。