新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ようやく元に戻りますね。
人気 Picker
消費者の立場で言えば、税込表示への統一そのものには賛成ですが、企業側からすればちょっとタイミングが悪過ぎますよね。特に小売業において、価格変更は理由の如何を問わず超超ビッグイベント。数字へのインパクトだけでなく、変更のためのオペレーションとコミュニケーション・・・コロナ禍の中、なかなか頭が痛い話です。
値札タグだけでなく各種媒体も含めて作り直す必要もあり、このタイミングにて手間と費用がかかる事にガックリ来ている企業も多いです。
元々税込価格表示が当たり前であり、増税期の為の特別措置だったはずなので、カスタマーファーストを前提にしたら税込表示にしておくべきだったのではないでしょうか?

有利誤認になり得る話ですから。

【追記】
インバウンド担当の観点からの意見を追記しますね。
日本の税率が何パーセントかなんて知らない外国人客からは、「なんで支払う額が書いてある値段と違うの?」「これは税込価格?税抜き価格?どっちなの」の質問が非常に多かったです。

館の中でも取引先によって、「税込表示」と「税抜価格+税」表示の2パターンが存在してしまい、しかも8%と10%の税率が混在するわけですから、、、不親切だと思われても仕方が無いですね。

少子高齢化まっしぐらな日本にとって、コロナ収束後にはインバウンド再強化により国内消費を高めていく必要があると思います。その為、外国人でも分かりやすい価格表示方法であるべきなのでは?と思います。巷に出回る「税抜価格+税」というタグには税率も書いて無いですから、本当に不親切です。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
10.2 兆円

業績

株式会社ワークマン(英語: WORKMAN CO.,LTD.)は、群馬県伊勢崎市を本拠にGMSベイシア、ホームセンターカインズなどを抱えるベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として国内最大手に成長した。関東地方を中心に北海道から九州にかけてフランチャイズ展開しているチェーンストアである。 ウィキペディア
時価総額
6,237 億円

業績