新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サッカー東京五輪世代のインタビューをTVで見ると、本音を隠しているように見える。どうすれば本音が引き出せるか? ふと「聞き手とZ世代でサッカー観がずれている?」と気づいたわけです。その視点に立って聞いてみると・・・まあ、これでもかというほど尖った発言が出てくるじゃないですか。大人しいという印象は先入観で、ギラついた野望を持っている。「金メダルは通過点」です。
色々と興味深かった。こういう場合、いつも思うのは、日本サッカーは果たして”組織的”なのかどうか、という疑問です。
そして、”組織”と”個人”の線引きですよね。”組織”の中の”個人”のタスクが明確にならなければ、責任の所在も明確にはなりません。その中でいくら”個人”を高めようとしても、その”個人”とはなんぞや、という問題が残る気がします。
日本サッカー界は海外移籍の低年齢化が進んでいます。今、旬となるZ世代はどんなふうに「日本サッカー」を見ているのか。サッカー日本代表注目の二人に対談をしてもらいましたが、衝撃が大きかった・・・

主将としてここまでチームを引っ張ってきた中山雄太選手、そして19歳でオランダに渡った菅原由勢選手。サッカーにおいて五輪世代は、将来の日本を背負う存在として高く注目されてきましたが、ここ数年はそれが薄まっています。「負けず嫌い」の彼らが結果でそれを覆してくれるだろうと期待しています。
久々に血湧き肉躍るサッカー記事を目にしました。しばらく海外在住だったのでにZ世代の選手を見る機会がなく、久保選手以外(苦笑)には疎かったのですがこれを拝読し正直驚きました。なんと皆さんスマートなのかと。本田、長友選手世代はどちらかというと彼らのパッションというか発言に注目が行き、あえていうとストリートスマートですよね。

面白いと思ったのはここ。”ポリバレントであり続けたらアドバンテージだと思うんですけど、僕の野望の中では「ポリバレントではなく1つのポジションで上に上がっていく」というイメージなので” 。私も広告キャンペーンでチームを組む際に注目するのは、彼・彼女の得意なスキル。勿論「なんでもできます」的な人も歓迎なんですが、やはりバックボーンがあると最終制作物が際立つんですよね。おそらくサッカー監督も選手を選ぶ観点は同じなんじゃないか。それぞれのポジションがしっかりしていてオーケストラのようなハーモニーができて、でも突発的に「えー、それもあり?」みたいなことが起きるといいんですよねー。これから中山選手、菅原選手、注目します。
興味深いインタビューでした。
『個』を大切にするという考え方は、2人に限らず広くZ世代の中に広まっていると思います。日本社会もジョブ・ディスクリプション制度を取り入れ始めるなど、年齢や経験によらない評価に移っているのもその影響の一つかもしれません。
ただ一方でチームスポーツを掲げる場合、個々の判断だけで勝利にたどり着けるのか?超レベルの高い集団になるとできるのかもしれませんが、たいていはチームとしての目標や戦略を共有するという前提があっての、個人の役割という事になると思います。
東京五輪金メダル獲得は、世代を超えて設定できる共通目標。今後の選手と監督の成長に期待したいです。
組織とは、個人とは、を考えさせられるインタビュー。一つ感じたのは、やはり1人のスーパースターや怪物と言われる同世代の出現は、その世代を引き上げるということ。刺激し共鳴するのかな
チームのための行動が、結局、自分にもプラスになる。
ビジネスでも同じですね。
クライアントのための行動が、結局、自分にもプラスになる。
とても腹落ち感がありました。
FC東京番組のリポーターもしていますが、海外では国民的スポーツでも日本では地上波で中継されていることは珍しく最近ではDAZNなどが中心になってきています。

感染拡大で多くの人が気落ちしていく現代において、「スポーツ」は元気の源の一つだと思います。感染対策を徹底させつつJリーグなど多くのスポーツもさらに盛り上がることを願います。
敵は人間ではありません、共に戦っていく仲間です。では医療崩壊の中、仕事に行ってきます。
素晴らしい!世界の舞台で勝つには、試合を決める縦のライン(CF、CB、GK)の強烈なメンタルやフィジカルの「個の力」が欠かせない。若い世代は、「組織力と技術に優れた日本らしいサッカー」などというはかなく脆い幻想もなく、世界の厳しいサッカーを直視していて頼もしい。日本サッカーこれからです!
世界で戦っている選手たちが増えている事は間違いなくプラス。ただ海外のクラブで試合に出られる選手がJリーグでは出られないというのは、クラブやリーグの実力から考えておかしいと思う。何故だろう。