新着Pick
962Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
UXをより洗練させていく中で自然とそこに行き着いたんだろうな。そしてそれは結果として次のビジネス展開にも繋がっていくものになる可能性は高いけれど、あくまでもまずはUX向上。
人気 Picker
クーポン使うために店内の決済時にでアプリを開くことが多いので、UX的には確かにそちらのほうが楽そう。ただ、逆に言えば購買データはクーポン施策等でも取れてたと思うので、これ以上のデータ収集がこれによってどれくらいできるのか。ポイント施策などを目指すものなのかもしれない。またネットで買う人も多ければクレジットカードの登録とかも終わってる。最終的にはレジや現金のない店舗開発とかも目指すのだろうか。

決済機能をユニクロの外にも提供するかが気になるが、なかなかここは競争も激しいので厳しそう。やはり決済は使われる頻度によるマインドシェアの勝負なので、ユニクロの月1ほどの頻度ではなかなか辛いか。
大きなメリットがないと、なかなか、PayPayなどを使わせずに、ユニクロペイを使わせるのは大変でしょうね。

ユニクロペイで、コンビニとかでも払えるようになるのか、利用場所が気になります。
三井住友銀行と組んだので、メルペイのように、iDで払えるようになる可能性は高いですね。

ユニクロにとっては、カスタマージャーニーを完成させる方法として、ユニクロペイをたくさんの人に使ってもらわないといけません。

さあ、来年の今頃どうなっているのか?
決済手段が多すぎて消費者が困っているというのが日本の現状ではないでしょうか。
ユニクロペイが、単に新しい決済手段が加わっただけ、というのは面白くない。
ユニクロが、圧倒的な質と圧倒的なコストで、ベーシック衣料の常識を変えたように、圧倒的価値の提供を期待したい!

個人的には、決済という「作業」と「感情」が紐づくと良いなぁって思う。
お代を支払う時の感謝の気持ちや、欲しいもの買う時のワクワク感、誰かにプレゼントすることに思いを馳せたドキドキ感、などなど。

財布からお金を出す時にはあった感情が、電子決済で薄れてる気がするけど、その感情が伝わったり、呼び起こされたり、データとして蓄積されたりすると、なんか少しワクワクするな。
ユニクロのアプリがこれだけインストールされている。決済機能をつければ
①キャンペーンなど含めて店舗・アプリ・Webなどで体験をよくできる(自社アプリとカードを出したりとかではなく、1戸でできる)
②ほかの決済手段に比べると手数料を削減できる(規模が大きいので開発費などがかかっても自社でやっても回収できる)
あたりが狙いだろうか?
特に①のほうではないかと思う。すでにアプリがあるから、データは一定収集できているはず。

『スマホ決済の最大手はソフトバンクグループ傘下の「PayPay(ペイペイ)」で、利用者が3千5百万人を超える。ユニクロのアプリのダウンロード数も3千万件に達しており、小売業の決済サービスとして最大規模になる。』
ユニクロは度々利用しますが、キャッシュレス決済手段が意外と少ないので今後何か出てくるのだろうと思っていたら「ユニクロペイ」とは。なるほど。

皆さんが仰っているように、単なる利便性だけでインセンティブがないとユーザーは増えないでしょうから、何かしらの仕掛けはあるのでしょう。

ちなみに、渋谷スクランブルスクエアの決済アプリは、東急カードと紐づけるとポイント還元やクーポン配布が多いので気に入っています。
https://www.shibuya-scramble-square.com/app/
年末にトラブルがあり一時サービスを中断していましたが、飲食から買い物まで、スマホですべて決済できるのはやはり便利だと再認識し、よく利用しています。
ファッション領域のグローバル企業としての強さに疑いの余地はありませんが、国内の流通決済の規模感では、先行するWaonやnanacoのイオン、セブン&アイには遠く及ばない。
皆さんご指摘の通り、他店での利用にどれだけインセンティブを設定できるのか注目ですね。
目先の業績影響としては、プロモーション費用の増加/他社決済への支払手数料の削減、の綱引きかと思われます。
MUJIもMUJIパスポートペイを開始していますよね。
https://www.muji.com/jp/passport/pay/

小売全般に共通する動き。

個人的には、Zホールディングス傘下に入ったZOZOは、PayPayも LINE payのデータも活用できるので強いなと感じています。
購買情報であれば今でもわかってるので、決済機能を追加することで、今後どのような戦略の展開を考えているかどうかでしょうね。
やるならば、あと2年早くやれば良かったのに…と感じます。
優位性は、既にかなりのダウンロード数があるユニクロアプリをプラットフォームとして利用出来ること、取り敢えずクレジットカードを紐付け出来るようなので、レジでの動作を楽にするという点ではメリットがあることでしょうか?

しかしながら、ポイントインセンティブを取り入れていないユニクロで、決済にはポイントインセンティブが当たり前だと思っている多くの日本人に対して、どのように継続利用のインセンティブを設定するのでしょうか?
→特に他店での利用に対するインセンティブ

提携先が三井住友銀行であり、三井住友カードではないので、ポイントインセンティブのノウハウを提携先から提供してもらう訳ではないとしたら、どうするのか?興味があります。
また、ユニクロの強みのグローバル展開との連携であれば、決済ガラパゴスの日本のツールではどうなんだろうと思います。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
10.2 兆円

業績