新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
水際対策の甘さを責める方が多くてまあそれはその通りなのですが、「本音と建前」の社会が「現場の裁量」に任せたら、ウイルスには勝てないということの証ですよね。
「科学的に根拠のあることだけを」「一切の例外を認めずに」ルールに則って運用させ「何かあったらきちんと上が責任を取る」社会に日本はなっていますか?
人気 Picker
ウイルスは常に変異を続けながら広がっています。イギリス変異株が発見された頃には既に日本国内にも侵入していたと考えるのが妥当だと思います。

イギリス変異株かどうかは普通のPCRや抗原検査をするだけでは特定できません。スパイク蛋白に変異があるかどうか精査が必要となります。イギリス変異株が見つかるまではその様な検査は行われていなかったことを考えると、いつ日本に入り、広がったかはわかりません。

イギリス変異株は、感染性が約2倍であるものの病原性は変わらないと言われております。これまで通りマスク、手洗い、ステイホームを徹底する事が解決策となります。
水際対策には、最善でも病原体の流入を「遅らせる」効果しか期待できず、流入を「防ぐ」効果はそもそも持たないことを過去の経験からも学んできたと思います。この事例報告から、水際対策の「甘さ」を議論する意味はあまりないと思います。

静岡で報告されたとのことですが、地域ごとの封鎖を行っていない以上、これは「見つかっているか見つかっていないか」の差であって、「存在するかしないか」の差では必ずしもないと捉えるのが妥当だと思います。

すでに各地域で広がりつつあり、身近にも感染力が高いウイルスが存在すると仮定して、行動変容を起こすべきフェーズに入っていると思います。

ただし、仮に感染性が高まっているとしても感染伝播の様式が変わったわけではありません。特別な感染対策が新たに必要になるというわけではなく、その遵守率を高めることが重要になります。
静岡県の資料を読むと、1人は陽性判明後に変異株検出用PCRから疑いあり、ウイルス量が少なく感染研で再検査。この方の濃厚接触者も同じ変異株だったとのとこです。3人目は、陽性者の複数サンプルからわかったとのこと。いずれにしても市中感染の広がりを示すものだと思われます。
短期間で収束させるためには、緊急事態宣言もそれなりの覚悟を持って運用する必要があります。どっちつかずの時短要請程度では結局感染拡大は止められず、自粛が長期化して経済も死にます。

東京都が都立病院でやったように、国公立の病院はコロナ専用にし、民間病院は一般患者をすべからく受け入れるなどメリハリの効いた医療体制の整備も急がれる。

政府を非難しても仕方がないとか言う人もいますが、やはり政府にはもう少し戦略的な対応をお願いしたい。この変異種は、英国ではロックダウンしても感染拡大を止められない厄介なものだけに、早い対応をと願うばかり。
コロナの感染が拡大している中、多くの国は入国者に対して強制隔離をしている中、日本はなぜ実施しないのでしょうか?

もう市中感染が広がっていると見ていいと思います。
個人レベルでの感染対策を徹底しましょう。
変異ウイルスの感染者が会食してた時点でこうなることは分かっていました。水際対策の甘さは一年経っても変わらなかったということです。

武漢からの帰国便、豪華客船と水際対策はいつも失敗で全く学習してない。今後もっとやばい変異ウイルスが見つかったときが怖くて仕方ないです。

変異ウイルスが蔓延してる以上、今までの対策では感染をうまく防げないかもしれません。感染対策を今一度見直して、不要不急の外出は控えたほうが身のためだと感じます。
今最も注意すべきなのは英国株ではなくて、日本で最初に発見されたブラジル株のP1でしょう。

ブラジル、マナウスでのエピデミックの原因ではないかと言われていて、既存の抗体を回避するのではないかと議論が高まってる。

https://twitter.com/DrEricDing/status/1350039932090376193?s=19
遅かれ早かれ想定された事態。変異種の市中感染はいずれ起きることだろうし、それを前提に施策も事業も組み立てるだけのことなはず。
地域の中小事業者にとっては、それはすなわち緊急事態宣言の拡大や延長がやってきうるということ。そして、まだまだコロナ禍の状況は少なくとも半年、自然に考えれば1年は続くと考えて準備や打ち手を取ること。
「なんとこうなってしまったか」ではなく、「やはり、想像通りの事態がきてしまった。備えてきてよかった」となるのか。ちょっと先の未来を想像する力と、その準備をすることがこの1年弱の間に求められ、そしてそれが事業者の差になっている
ドイツでは、変異種が特に子供への感染力が
強いという理由で、小学校、幼稚園の閉鎖の
政策を、発表しました。
ついに、いや、やはり市中感染は広がっているようです。
英国から入国して14日の健康観察中であるにも関わらず、外食して同席者に感染させたと先日報道がありました。
季節影響もありますが、英国の報道でも変異種の感染力は70%増とありました。
今こそ3密を思い出して、個人レベルでの感染対策が必要かと思いました。