新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ数年でのPodcastの市場拡大とユーザー増加を、ビジネスチャンスと捉えているのはAppleだけではありませんが、Appleのこの動きがまた一つ市場やサービス提供者の動きを変えてくると思います。
同時に、"課金"となるとまた期待値が変わるためコンテンツ制作者にも求められることが増える、と言うことでもあります。Plug and Play でもPodcastを始めましたが、様々な人気コンテンツや最近始まったものを調査しましたが、クオリティも様々。YouTubeもそうですが、求められるクオリティもこれからどんどん上がりそうですね。
最近はGoogleもそうですが、Appleも課金するサービスの領域を拡大する傾向にあります。

ネット人口が頭打ちになる中でより事業拡大を目指すと、これまで無料で提供していたサービスも、一定の課金可能性があれば、どんどん課金する方向に切り替えていくことが想定されます。

ネットの成長がピークに達する中で、いつまでも無料でサービスを享受できるわけではないことをユーザ側も理解をし、より自分に合致したサービスを選択することで費用対効果を高めていきたいところです。
AirPods×家の中はコロナ禍で家事育児をする上で欠かせなくなりました。目は使えないけど耳はオープン。おまけに家事が苦痛でなくなる笑
おかげで年末年始で20冊くらいaudio bookで「読めた」
今後数年間でこの空いたアテンションの時間を取りにくるのは必然だと思う。
音声サービスも、コロナで5年加速する分野の一つだと思う。

リモートでビデオ会議をしながら、家事をしながら、仕事はビデオ会議で目が疲れるからリラックスタイムは音声で、、、使う場面が一気に拡大している。
今年AppleのPodcastでも配信を始めた自分としては、興味深い記事です。第一印象としては、既にAPPLE MUSICを定額課金しているので、多少値上がりしても、APPLE MUSICとひとまとまりになると嬉しいなと思いました。

プロのアーティストにとっては、素人の番組と一緒にされちゃあたまったもんじゃない!って思われるかもしれないけど、プロでもアマでも一個人として使う時間には変わりがないので、プロが作ったテレビの時間を、YOUTUBEが取っていったようなことが、今度は音声の世界でも起こっていくんでしょうか? まあ何より私自身は皆様へ有意義な情報をお伝え出来るようPODCASTのレベルの向上を目指します。

最後によくよく考えてみたら、APPLE ONEに統合されるのかなー
https://www.apple.com/jp/apple-one/
課金が出来るプラットフォームには、より良質なコンテンツが集まる訳で、結果としてよりユーザーが集まる様になり、プラットフォームとしての魅力が更に増していく。
へーそうなんですか

先日ポッドキャストとゲスト出演者をマッチングするというスタートアップから連絡があって、「ポッドキャストって。。。今もあるの、iPodで?」って思っちゃったのですが、流行ってるんですねぇ
ユーザー課金をしなければ音声メディアはお金が集まりづらいのでこの流れは当たり前かと。音声メディアは広告メディアとしての市場規模は小さいですし、広告は視覚的に訴える方が需要があるので、ファンビジネスに切り替えて課金にすべきと思っていたので、これでコンテンツの質が上がってくれば伸び代ありそう!
Podcast市場が、まだまだ小さい日本に住んでいると、この記事の意味が、あまり理解できないのではないでしょうか?

米国においては、支配力のあるプラットフォームなので、大手のプラットフォーマーからすれば、よだれが出るくらい欲しいもののひとつです。

これをAppleが握ると…個人的には、少し嫌な感じです。
理由は、確実にマネタイズしてくるからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
275 兆円

業績