新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
寒く、日照時間が短い冬の間のイギリス。午後3時過ぎには暗いです。夏こそ、太陽が燦燦と降り注ぐリゾートでのんびり、サマーバカンスを過ごしたい、、、!!…こんなヨーロッパ人たちの悲願とも言える行動ではないでしょうか。
ワクチンを自分が率先して打つかはともかく、それは横においておいても、だんだんワクチンの普及とともにコロナ禍が収束に向かい、夏のバカンスを過ごせることを願い、願掛けも含めて、とりあえず予約。

人間は、パンのみによって生きるのみにあらず。明日への希望によって生きるのです。(;'∀') 昨今の株価が高値で推移するのと同じです。

…収束してなかったら、キャンセルするしかないですけどね…
世論調査を見ていると、若者や野党支持の中年層で政府のワクチン戦略に否定的な評価が多いようです。ブレグジットの位相と重なり、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い感じが否めません。
一方、確かにハイリスクな人達からワクチンを接種すべきかもしれませんが、若者や働き盛りの世代がいつまで我慢を強いられるのか、という怒りが彼らの中で湧いても致し方がないような気がします。
コロナ禍で、各国の世代間対立が激化した感は否めないわけですが、記事のような現象は一種の社会矛盾をよく示しています。
英国でワクチン接種が始まったのは12月10日前後だったはず。3週間空けて2回目を接種し、その7日後に完全な免疫を取得するとされていますから、最初に接種を受けた人が免疫を獲得するのは1月上旬で、そこから順次、接種の効果が拡がります。1月9日をピークに下がり始めたイギリスの陽性者数の推移を見ると、ものの見事にそれを表しているように感じます(下記URL,WHO) (@@。
https://www.who.int/countries/gbr/
因果関係はともかく、市井の民がワクチンの効果を数字で実感すれば、そりゃ、旅行の予約も出るでしょう。
主要7か国でワクチンが未だに承認すらされていないのは日本だけ。その傍ら非常事態宣言で人々の活動が止められて先行きが見えず、困窮する人達と財政赤字が増えて行く・・・ 厚労省の方針だと聞くけれど、一体どうなっているんでしょう (・・;
予防接種の広がりによって安全に旅行ができるようになるのかは、正直なところまだ分かりません。

しかし、そのような期待を持って皆で声を掛け合い、ワクチン接種を進めることには大きな意味があります。それが、期待通りの将来を導く可能性を高くするでしょう。

大好きな旅行を実現するためにも、自分の番が来たら、ぜひ前向きに接種をご検討ください。
ロックダウン中だからこそ未来に期待をもち予約をしておく人たちがいるんでしょうね。

国内でも緊急自体宣言がなくなりGoToがはじまると、いっきに人気ホテルや観光地に予約が殺到する可能性はあります。(9月の東京解禁がそうだったように)

ただ、キャンセルリスクは一定つきまとうのかなと思っているので、実態はもう少し先にならないとわからないですね。。
殺到?というタイトルにビックリしたので、BBCの元のニュース記事を読んでみました。

https://www.bbc.co.uk/news/amp/business-55654127

うーん、「殺到」とまでは書いていないよなぁ。日本語訳者は盛ってますね。Looking forward つまり期待している、というレベル。ワクチンによりability to plan ahead (先を計画する気)になったと。

また、記事内にあるナショナルエクスプレスの旅予約の9割が国内旅行です。つまり国内で旅行する事が出来る様になった、ということ。しかし引用にもある通りこの先1年は、様子見かつ慎重である必要がありそうだ、と。
At the moment, 90% of the bookings with National Expresses coach businesses are UK based, so it looks like another good year for the staycation.

そして海外への旅行予約は、まだまだ暗黒だとも書いてあります。

Whilst TUI UK boss acknowledges that "the market is still depressed and it's not where we want it - we are seeing glimmers of hope."

Glimmers of hopeですよ。希望の光が差し込んできた、ぐらいな感じです。

More July and August and a lot of demand for September and October.
海外旅行については、夏以降には旅行出来るだろという期待の高まりがあり、7月、8月、そして9月、10月はより多くの期待が見られる、と書いてあります。

まぁ、現実的な着地点でしょう。
ワクチンの効果も不明でロックダウンの最中だというのに、旅行予約殺到というのは不思議な気持ちがします。

旅行予約という夢を手に入れることで、辛い生活を乗り切ろうとしているのでしょうか?

日本と違って、英国のロックダウンは心身共に人々を疲弊させているでしょうから。
イギリスでは「ワクチン効果」で人々の旅行熱が戻りつつあるそうです。
私も昨日たまたま2019年以前の映像や写真を見て(軟禁状態ではあったもののそれでも)めちゃくちゃコロナ前が懐かしくなってしまいました。
早く人に会いたいし色々な場所に行きたい。
ワクチンの有効性(抗体ができる割合)は、どの程度なのでしょうか?
個人差があるので、ワクチン接種しても抗体ができない人も多いと思います。

抗体検査せずに「ワクチン接種したのでOK」という仕組みだと、抗体ができなかった人たちの間でクラスター感染が発生しそうですが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
いいニュース!