新着Pick

「技術革新を"翻訳"で促す」東工大の意外な研究

東洋経済オンライン
――「翻訳」という言葉は文字通り、一般的には「本や文章を翻訳する」というイメージで使われます。それを学問の名前としている翻訳学とは、どんな研究なのでしょうか。英語にすると、「トランスレーション・スタ…
3Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「「8割おじさん」として知られる西浦博先生(京都大学大学院医学研究科教授)の論も、非常に説得力があると受け止められました。外国の感染者数から試算して何も対策をしなければ約42万人が被害に遭う、という論などがそれです」
西浦先生の42万人という試算が正当であると、これまで何度も書いてきた。日本にはいまだに、大げさなこけおどしの数字だと思い込んでいる人が少なくないようだが、その認識こそがガラパゴス。