新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
民主主義の本家本元を自認してきたアメリカで、民主的なプロセスを暴力でひっくり返そうとする人たちが少なからずいて、暴力で対抗しなければならないという状態は民主主義の終わりなのか、修正可能な民主主義のバグなのか。
圧倒的なケンカの強さで、世界中のあらゆる暴力を抑えるこれまでのアメリカのやり方は根本的な解決にはなっていなかったと思います。そして今度は国内が荒れる中、軍頼りだけでない解決策を見せられれば、新しいアメリカを提示できると思います。

また、この暴動はアメリカの分断だけでなく、コロナ規制による経済打撃やストレスが吹き出している部分も大きいのだと思います。感染防止と経済活動のバランスは今後も気をつけなければ、バイデンもすぐに槍玉に上げられてしまいそうです。

正解は誰も分からないと思いますので、決断したことをやるしかないと思いますが、特に打撃を受ける国民への丁寧な説明が大事かと思います。
バイデンの就任式にはトランプは出席しない予定。トランプは史上初、2度目の弾劾裁判をうける大統領となる。トランプは先日の議事堂デモの実行者のヒ批判に回っているが、トランプの支持者が就任式での大規模デモを起こす可能性は高い。議事堂で寝泊まりする大量の武装兵隊の姿は何やら異様だが、イランや、ロシアなどは民主主義の低落の象徴としてアメリカを報道している。今のままの状態ではあまりにも残念だ。民主主義の象徴として、アメリカに分断から団結の姿を見せてほしいものだ
トランプ氏は、就任式の朝にフロリダに向かうとのこと。
先日、自分の支持者は暴力に訴えるようなことはしない…という内容のビデオレターを発表していて、数少ない残っているブレーンからは自制を促されているようなので、就任式当日や前日に、6日のような扇情的なメッセージは出さないでしょう。
→これを出したら、大統領の職を辞めた後は自身が危ういはず

それでも騒ぎ出す極右思想の人はいるのでしょうか…
これも、トランプ氏の置き土産であることは、トランプ氏が否定しても間違いないです。

バイデン氏にとっては、想定以上の波乱の幕開けになりますが、ここで辛抱強く融和を主張して、少なくとも時代の流れは変わるというメッセージを出して欲しいです。
あと二日。各地で混乱が起きることは間違い無そうですが、無事に式典が終わることを切に願います。そして早く、そのさきの前向きな話がしたい。
人権無視の極共産主義国家・中国もひどいが、ロールモデルとして世界最高であるべき民主主義国家のアメリカがこの低落ぶり。国家(Nation state)のあり方は、今後変わっていくであろうが、日本はどうする?
【国際的】NewsPicksのコメント欄にも熱心なトランプ支持者がいて、彼らの中の一部は大統領選挙直後には「12/14の各州の投票人投票まではわからない」と言い、12月の段階では「1/6の連邦議会での開票作業まではわからない」と言ってたわけだから、実際に1/20の大統領交代までは緊張感をもって臨んだ方がよいのだろう。何しろ1/6には連邦議会議事堂まで襲撃をされたくらいなのだから。(少なくとも連邦議会議事堂が襲撃された例は1814年の米英戦争まで遡る必要がある)。
バイデン次期大統領の就任式が20日に行われます。
それに対し米国では「暴力的な抗議行動が起きる恐れがあるとし」厳戒態勢が続いています。

本日はFacebookがホワイトハウスと米議会議事堂や州議会議事堂の近くで予定されているイベントを米国時間の1月20日まで禁止するとも報じられています。

【Facebookが大統領就任式時のワシントンD.C.と州議会議事堂周辺での新イベントを禁止】
https://newspicks.com/news/5542818

また先週は下記のような話題もありました。Airbnbが、来週の首都ワシントンメトロエリアでの宿泊予約を全てキャンセルすると発表。
【米エアビー、首都ワシントンの宿泊予約をキャンセル 就任式控え】
https://newspicks.com/news/5534821
そしてトランプはバイデンの就任式に張り合って、その朝に派手な退任式?を計画してるみたいです。お金は税金なのかなあ。
先日の失態を繰り返す訳にはいかないもんね