新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
このような論考も必要だと思うけど、では今年のインフルエンザ 死者は0人であることと比べないとあかんのでは?

それは極端だけど、2018年度のインフルエンザは「約1,200万人が感染し、20,389人が入院し、3,325人が亡くなった。休業となった施設は31,184」と比較しましょう。致死率は0.03%
新型コロナは、「感染者328,114人、死者4,496人」で致死率は1.37%

肺炎は免疫の落ちた人しか感染しないけど、新型コロナは若い健康な人にも感染する。

あと、亡くなる人の数でどちらがどうこう言うのもあまり筋が良い話ではない。例えば、新型コロナで亡くなった人が戦争で亡くなった人の数より増えたら、「戦争をした方がマシ」てなるかと言うと、普通はならない。まあこれは極端だけど。
人気 Picker
これだけ経済社会活動を止めた上でのコロナ死者数。平時のインフル、肺炎死者数と比べるのは誤り。まったく社会を止めずにいたら、インフルどころでない水準の感染と死者数となったろう。予防徹底して、インフルは減ったがコロナは猛威である。
この記事は、KPIの設定の仕方次第で、事実の認識や評価が正反対に変わってしまうという話です。最初から死者数をKPIとした人と感染者数をそれとした人とでは、受け取り方が違う。コロナ問題で事実はひとつなのに解釈が相いれないのはそういうところです。
読む価値なし。時間の無駄。メディアの責任も大きい。
日本のコロナ関連死と肺炎の比較
https://t.co/bOq5pUeDu0