新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現場には早くも短期的な影響が出ました。これを受けて、供給が急遽減らされてしまった施設があり、患者さんのワクチン接種予約を突如キャンセルしなければいけなくなり、患者さんや家族からのクレーム対応などに追われています。

特に、自施設でも予約枠は2月いっぱいまで埋まっている状況でしたので、しばらく大幅な軌道修正とクレーム対応を迫られることになりそうです。

感染者診療とのダブルパンチで現場の負担はとてつもなく大きいものですが、乗り切るしかない状況です。先陣を切る国々にとっては、ある程度避けて通れない痛みだとも思います。

以上、現場からお伝えしました。
欧米ではワクチン接種が進んでいますが、日本では最短で五月でしたか?特措法改正も良いですが、違うそうじゃない感が強いです。登り坂が緩やかがゆえ?降ることから取り残されてます。
フランスでは、一時的な計画変更はあっても、7月までに1500万人に接種という目標は変えないそうだ。それにしても、人口が日本の約半分のフランスでは、すでにワクチン接種が始まっているが、それでも現時点のでの目標は、7月までに1500万人に接種ということに過ぎない。つまり、7月で全人口の4分の1以下である。
イスラエルはすでに人口の25%が1回目の接種を終えて、2回めの接種も20万人に達したけど、未だに感染者の減少は見られない模様。

https://twitter.com/RanBalicer/status/1350190992096456706?s=20

おそらく出荷遅延がなくても、効果が出る前に冬は終わっていたかもね。
ファイザーが、ベルギーにあるワクチンの主要工場での製造能力向上に向けた作業をするため、向こう3~4週間にわたり出荷ペースを落とすと発表しています