新着Pick
1240Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ロボットメーカーの一社である安川電機は、「景気の先行指標銘柄」の代表です。
ロボットは工作機械(金属を削って金属製部品を作る機械)などと並び、「景気の先行指標」とされています。景気が上向くと、企業は生産量を増強するために機械の購入意欲が高まります。実際の生産拡大に「先行」して、機械が必要なので、ロボットや工作機械の受注状況が、今後の景気の予測に使えるからです。

中でも、安川電機はロボットに使う「サーボモーター」や「インバーター」というコアパーツを他社にも外販しています。このサーボモーターは、ロボットのみならず、半導体製造装置・搬送装置、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーなどあらゆる分野に使われています。

テーマ柄、記事では紹介できませんでしたが、取材こぼれ話として、安川電機の小笠原浩社長によると、
・5G向けの基地局が伸びている。半導体から、電子部品を搭載する実装機まで、さまざまな機器・資材が、「中国だけじゃなくて世界中で動いている」。
・「日本におると『終わった産業』に思えるが」、実際はソーラーパネルの生産が伸びている。パネル自体は中国で作られているが、(電力変換に必要な)パワーコンディショナーは世界各地で作られていて、パネルと合わせて需要が伸びている。電池需要も旺盛。

とのことです。
同社の決算資料ホームページの「決算補足説明資料」のほか、「説明会Q&A」に同社のロボットやサーボモーターの受注状況が記載されています。世界の景気動向を掴むうえで参考になります。
https://www.yaskawa.co.jp/ir/materials/br
最後に手前味噌ながら、景気の先行指標にまつわる過去のNP記事です。
https://newspicks.com/news/4794948
人気 Picker
チャットブックも企業のDX化を支援していますが、部署間の合意が取れないまま進み部分的な導入となるケースも見ています。結果的に一部の工程しかデジタル化されず、昔の非効率なやり方が残ったままだと現場では価値を感じず昔のやり方に戻ったりと、デジタル化が形骸化することに。
記事では、まず企業がデジタル化の価値を理解しており、トップ層からデジタル化を推し、全社に改革を進め、定着化までのプロセスを働き方改革を遂げながら達成しています。

注目するのは、真っ先に着手した全部のデータを統一化で、地味で泥臭いスタートですが、技術的視点からすると最高の決裁です。AIやらRPAに華々しい期待を抱く人が多いですが、これらの技術は人間が規格を統一しデータを用意していないと何も貢献できません。

デジタル化までの道のりは、経営者の先を見据えた実行力と泥臭さの集まりでスタートラインに立てるのです。
リアルだし共感する点が多い。
最近の「DX化」という言葉で思い出すのが「IT化」。Excelなどはとても有用だが、野良Excelマクロ(最近はRPAでもあると思う)は、ミクロの生産性は上げても全体としてはボトルネックになる。そしてそれを統一しようと思えば、記事にあるように「抵抗勢力」も生まれる。
全社ベースでDXでは、何を標準化するかがキー。全部をかっちり標準化しようとなれば、決めるまでの時間もかかり、その間に変化が起こる。標準化する部分とそうでない部分の見極め、標準化する部分はスピード感もって進めたりその泥臭さへの経営トップの理解・支援が必須。
「本当のDXは泥臭い」
DXにおいては、ある局面で推進派でも別の局面では抵抗勢力になっているケースもある。
既存事業で成果をあげているチームや個人が無自覚にそうなっているケースも。
ゆえに、トップの強いコミットメントが必要ですし、「CIO(最高情報責任者)」という特別な存在の意味が大きいはず。

「現場」としては、自分が「抵抗勢力」となっている可能性も常に念頭に置きたいものです。
組織にレイヤーを導入すると、トップは現場の声が聞こえなくなります。
理屈としては、そりゃそうなんですが、これを打破するのは相当難しい。なぜなら、今のトップは、昔の社長出勤と言われた頃がウソだったように時間がないからです。
今のトップは会社で誰よりも時間を賭して身を削っていると、大企業と仕事をしてきた、私の少ないながらの経験ではそう思います。

そうすると、幹部の誰の意見が正しいのかがよくわからない。みんな優秀ですし、特に口がうまいから出世しているわけで、その言い分だけを幹部会で聞いていると、それっぽく聞こえるのはよくわかります。

だからこそ、自身のレイヤーを現場の感性まで上げる必要がある。一つづつの現場に向き合うことは時間的に不可能です。しかし、感度は合わせられるはず。

私もそうあり続けたいなと思います。
DXはトップが、全ての意思決定経路をぶち壊す覚悟をするところから。外部から招聘するのも良いですが、徹底して権限をわたす。自分がやれないから招聘するわけで、それは自身が引退することも含めてということかと思います。
その覚悟がなければ、まあ120%できないでしょうね。
「「言うことを聞かない人間を代えてくれ」と社長に伝える役目を、社長自らが担う」CEOがCIOを兼ねるケースは余り聞きませんが思い切った改革を実行されたと思います。
小笠原さん、安川シーメンスの、取締役会議長を
していたので、良く存じ上げています。
小笠原さんらしい話です。社長になんかなりたく無い
と言ってたのに、社長になられたと言う話を
聞いた事があります。

社内のデジタル化の話なんですね。
随分IoTと自動化をやっていたので、意外な感じです。

最後の写真のロボットは、ユニバーサルのロボットで
安川製品ではありませんね。
「働きやすい会社」より「働きがいのある会社」を目指すという言葉であったり、ジョブディスクリプション徹底のために管理職を見直す(管理職に向いていない人をあぶり出す)という話が出てきたり、確かに泥臭いことをしっかりと実践されている。

私もDX支援をすることが多いが、世の中の多くの会社が(こういっては申し訳ないが)「雰囲気で」DXをやっているの対して、地に足のついたDXを行っていると感じる。これも自らがコンピューター学科出身ということもあるのだろうか。
企業のDXは、デジタル化が目的ではなく、業務プロセスの革新が目的になるべき、ということがよくわかりました。革新のためにどんなデジタル技術を活用するかを考えることが重要ですが、多くの企業ではそれが逆になっています。
データドリブンといい、集めて、使おう、という掛け声はよく聞く。標準化はそれを機能させる前提ですよね。その周りに組織を超えたコラボ、そして新たな価値が生まれる「あるデータが誰にとっても「同じ意味」になるように、標準化しなければいけません。販売と生産、開発の間でデータを共通言語にする必要があるのです」
これほどのエクセレントカンパニーでもこういう状況なんですね。古い会社というのはそれだけ大変ですね
"デジタルで評価するためには、まずアウトプットを標準化しないと、データが共通言語になりません"
この連載について
DXの成功率は1割未満という調査結果もあるほど、企業はデジタル変革に苦戦している。そんな中、経営トップのCEO自らが人事やITのトップを兼ねることで組織変革の先頭に立つ企業が出てきた。そこで、先例企業であるリコーと安川電機のCEOを直撃し、DXの本質に迫る。
株式会社安川電機(やすかわでんき)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、産業用ロボットなどメカトロニクス製品の製造を行うメーカーである。産業用ロボットで世界シェア第4位である。2015年には創立100周年事業の一環としてロボット村をオープンした。YASKAWAの森、安川電機みらい館、ロボット工場、本社棟、厚生棟で構成されている。 ウィキペディア
時価総額
1.38 兆円

業績

業績