新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
昨年の初冬、週1度の出勤日。家路を急いでいたら、駅近くの繁華街で店を出てきた酔客の集団がいた。マスクをアゴにずらした一人が叫んでいた。「もう1軒いくぞ〜っ!」GoToイートを目いっぱい利用しようというのだろう。とっさに遠回りをして近寄らないようにして帰った。
その様子からして、日常生活での感染症対策がキチンと取れているとは思えない。
彼らの中でクラスターが発生しても、重症者は出ないかもしれない。だが二次、三次感染させる相手がどんな人か、高齢者や持病もちの人がいないと決めつけて良いわけがない。あるいは彼らの中でも、誰かが交通事故で救急病院に搬送される可能性もあるのに。
こうしてゆるんだ行動をする誰かのせいで、別の誰かが追い詰められていく。
コロナを受け入れない病院に、受け入れを強制しろという意見がある。診察しろという意味では、全国の診療所の医師は過半数が60歳以上というデータがある。医師自身が高リスク者なのだ。入院させろという意味では、もともと病棟がガラガラだったわけではないという事実が重い。代わりに誰かを退院させる必要があるわけだ。
感染症対策に不慣れな病院も多い。挙げ句に院内クラスターが出れば叩かれる。気の毒としかいいようがない。
「報道するな」というのは明らかに間違っている。院内クラスターが発生しても報道されないとなると、真偽不明のうわさ話が確実に広まるのが世の中というものだ。疑心暗鬼が深刻になり、感染の疑いがあっても検査も診察も受けない人が激増するだろう。感染爆発まっしぐらで、誰にも止められなくなる。
ワクチン接種が一般に広まる前に、日本は内側から崩壊しそうだ。
人気 Picker
医療機関では、患者の診療にあたり、至近距離での接触、会話が増えるため、どうしても「濃厚接触」が増えます。前提として、避けるのが難しい院内感染があることは、理解しておかなければなりません。

このような事例は、典型的には陽性と分かっている患者から生じるのではなく、むしろ検査で「陰性」と確認された患者や症状のない患者から生じます。そこから感染が知らぬ間に職員に広がり、医療機関内で感染拡大が生じるのが典型的です。この感染症には潜伏期間がありますので、症状が出始め、気がついた時にはもう感染が広がっているのです。

こちらの施設での実際のところは分かりかねますが、何より学んでおかなければならないことは、「検査陰性」を安心材料にしないことです。

これは医療機関のみではなく、あらゆる方が知っておくべきルールです。検査陰性の的中率は、感染拡大が広がれば広がるほど低下します。そのことを肝に銘じておく必要があります。検査陰性で安心してはいけません。検査陰性でも、感染している可能性は全く否定できません。

感染流行地域では、検査結果に関わらず、全ての避けられない濃厚接触の場面において、マスクやゴーグルの装着が推奨されます。
現場で対応にあたっている医療者のことや、入院している患者さんとその家族のことを考えると非常に胸が痛むニュースです。院内感染が広がる理由はいくつかあります。①予定入院や全く関係のない主訴で来院した患者が実はコロナだった、②肺炎や発熱がある患者にPCR検査をして陰性だったが後にコロナと判明した(偽陰性)、③医師や看護師などの職員が外部で感染し患者に広めてしまった、などのパターンがあります。こういった理由で、コロナ診療を行っていない病院でも感染が拡大する事例がしばしば報告されます。

日本でのコロナの死亡率は全体では1~2%ほどですが、70歳代は5~10%、80歳代は15~20%と極端に高くなります。病院に入院中の方はその大半が70歳以上の高齢者であり、ほぼ間違いなく基礎疾患のあるハイリスク患者であるため、感染者数が増えた時に重症化したり死亡したりする可能性が格段に高くなります。そのため「310人が感染した場合に31人が死亡する」ということは、残念ながら他の病院や高齢者施設でも十分起こりえます。

手洗いやアルコール消毒、マスクやアイガードの着用、検査を過信しすぎずガードを緩めないことが重要ですが、市中感染が蔓延している現状ではいくら対策を徹底していても難しい状況です。起こりうるものと想定し、起こった場合の迅速な対応が求められます。
310人の感染と31人の死亡とは…大変な事態ですね。

日本では死亡者や重症者が少ないという(ある意味)固定観念を変える必要があるような気がしてきました。
戸田市は、荒川を挟んで東京都と和光市に隣接しています。
つまり、西側と南側は川です。
けれども、荒川を渡る橋はどこも混んでいるので、救急車が橋を渡ることは極力避けています。

ということで、この戸田中央総合病院は、地域の基幹病院として非常に重要です。この病院が再開しないと、地域医療は成立しないと言って過言ではない筈です。
広域に協力を求めるのが難しい地理的条件ということで、ギリギリな状況でも救急患者を受け入れていたことも要因の一つだと思います。

また、この地域は、隣の川口市と並んで外国人が多く住んでいるために、多言語対応をしていて、この病院でないと駄目という人があまりにも多い病院です。

ですから、地元では批判よりも心配の声が大きいと聞きます。
ニュースを見たとき言葉が出ませんでした。31人死亡....「戸田中央総合病院は災害拠点病院に指定されるなど地域の基幹病院ですが、現在も新規の外来と救急外来を停止している」地域医療も心配です..
なんだか、まるで、別の症状で病院に行ったら、そこで感染して、結果、死亡してしまったかと思わせるような記事ですが、そもそも市の基幹病院として、コロナの重症患者を大量に受け入れていたから、というのではないですか? 基幹病院ほど日頃から基礎疾患のある後期高齢者が集まるであろうし。

職員患者合わせて310名と言いますが、その内訳は? 現在の回復者は? 自宅療養などになってしまって医師看護師は足りているのだろうか?

こういう時期だからこそ、繊細な神経と正確な情報の提供を期待する。
これはキツい事案、、、
感染された方、ご家族の方…大変だと思います。

病院でのクラスター感染は、可能性としては、どこにでも起こりうることです。

今回の犠牲を再発防止の教訓とするためには、何が原因で発生し、それを、どうすれば防止できるのか?を、分析、解明し、それを全国の病院で共有することが重要です。

感情的、感傷的になるのではなく、冷静にアンチプラクティスから、ベストプラクティスを見出すことで、悲劇の再発を防止できます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
何が起こっていたのか…しっかり調べていただき、病院に必要な支援をお願いしたいです…
「コロナ禍」はカラ騒ぎ
マスコミと厚生労働省が騒いでいるだけ

日本の死者は世界で最も少ない

世界のコロナ関連死と超過死亡
https://t.co/cNAkU1x55B

厚生労働省は感染者数と死亡者数を水増ししている

検査で陽性と判定された人のうち本当の感染者はたったの 10%
https://t.co/TMtJvtpGEy

日本のコロナ関連死亡者数は水増しされている
https://t.co/efaQHACDMb