新着Pick

【夏野剛】空飛ぶクルマ。「空」の商圏で日本に勝機がある理由

あたらしい商人の教科書 supported by 伊藤忠商事 | NewsPicks Brand Design
749Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドローンやスカイカーによる空の商圏。
取材前はものすごく先の未来のように感じていましたが……お話を聞きながら、「もうそんなとこまで来てるんですね!」と何度も言ってしまいました。
特に、夏野さんの「タクシーより高いけど、講演に行くなら時間を買う感覚で利用すると思う」という言葉、すっごく説得力があります。
5万円くらいだったら、たしかに利用するタイミングがありそうですよね。
(まぁ、私には厳しいですが。。)

スカイカーやドローンがもっと身近になったら、どんなシーンで利用したいですか。
どんなことに使えると思いますか?
みなさんのアイデア、ぜひコメントください!
現在,産学官で「空の移動革命に向けた官民協議会」「ユースケース検討会」「機体の安全性基準 WG 」「操縦者の技能証明 WG」「運航安全基準 WG」で議論が進められていますが,本記事のコメントは役に立ちます(もっと教えてください).
一つだけコメント返しをすると,
2020年代前半は低高度150m以下でのパイロットが搭乗した短距離旅客輸送あるいは無人の物資輸送で地上への影響を考慮した河川や海上など,その後2030年頃までは高度500mでの中距離,2030年以降はパイロットが搭乗しない長距離オンデマンド旅客輸送と徐々に飛行範囲を広げていくことになると思います.
空飛ぶクルマはeVTOLと呼ばれます。
electric Vertical Take-off and Landingの略で、おおまかには2種類あるそうです。

トヨタも出資した米国の「ジョビーアビエーション」がやっている大型なもの。価格は数億円で、乗車人数は4人以上。
SKYDRIVEのものは1人乗りで価格は5000万円ぐらいです。後者の分野ではスカイドライブはかなりいい線を行っています。

エアタクシーの値段が5万円というのは富裕層であれば高いわけではありません。やっぱり問題は安全性ですよね。
例えば、いくら急いでいると言ってもSBの孫さんを乗せるのは会社もかなり躊躇すると思いますから。
自動車の場合は事故を起こしても車内の人間が死ぬことはほとんどなくなりましたが、自動運転技術も含めて、どこまで安全性を担保できるかでしょう。

ちなみにスカイドライブ社は運搬用ドローンでも優秀な技術を持っていますので、まずはそちらでビジネスを拡大して、eVTOLで世界を制覇してほしいです。
SKYDRIVEはエンジニアが有志的に始めた団体(CARTIVATOR)が進化した会社です。そんな夢のある会社が世界に羽ばたくのを期待しています!
2025年大阪万博。夢洲の会場まで、関空から海上を飛ぶ。新大阪駅から淀川の上を飛ぶ。実験じゃなく商用で行けますかね。
日本の空を車が行き交う時代が来るのはそう遠くない未来かもしれませんね。そうすると今後の問題はインフラ整備でしょうか。空に標識や信号を浮かせるのか、拡張現実を実装するか、取り締まりはどうするか、問題は多くあります。しかしながら、目標があり、実現可能であるならばそれは真っ先に取り組むべき問題でしょう。より早い空飛ぶ自動車の実装に向けて、今からできることは多いはずです。今からやれば先行者利益を得られそうじゃないかと考えながら、私は卒論に追われています。
Uberなど海外の企業が空飛ぶタクシーの実現まであと少し!
という話を聞くたびに日本での開発はどうなっているのだろう?
と思っていました。
.
途中にある動画を見れば誰でも
この乗り物に乗ってみたいし
おそらく技術的にはすぐに完成するだろうと感じると思います。
.
記事の中でも触れていましたが、空の交通整理、法整備がどうなっているのか?
アメリカでは航空局とNASAが既に設計を具体化していると聞いています。
.
事故になった場合誰が責任を取るんだ?
.
長い時間空の仕事をしていて強く感じるのですが、
日本の航空業界全体の動きは遅いだけではなく、
自分に責任が発生しそうなことを極力やらないな。トイう印象があります。
.
どこかが成功させてから輸入すればいい、真似すればいいというのではなく
日本が優位に立てるものを一つでも勝ち取るために動いて欲しいです🍀
このコンパクトボディのデザインがまずは素敵。
高密度・密集の日本は確かに良い環境だという気はするけど、アメリカだってサンフランの都市部とスタンフォードの街ならバッチリだ。地の利があるなんてこと考えないでガンガン行きましょう。空を飛ぶってとにかくワクワク。
アメリカより日本の理由が密集してるから、というのは疑問です。アメリカは大都市でも道幅が広く、車をとばしやすいです。慢性的な渋滞を解消したいというニーズも大きいです。

空飛ぶ車を飛ばすためにはデータや社会変革が必要です。ウーバーの配車サービスすら普及していない日本でアメリカに勝てるのか疑問に思いました。
空飛ぶ車期待してます