新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
当たり前のことだが、最終的な判断ポイントまでは開催を前提に準備するだろう。メディアが世論調査的なことをやって「できない」という回答が多いと喧伝しているが、現時点はまだ判断するタイミングではない。最終判断ポイントは3月下旬。この時点で現在のような感染状況であれば開催は難しいだろうし、改善していても、国外からの観客を迎え入れるかどうかは難しくなってきていると感じる。さらには無観客という選択肢も検討の視野に入ってくる。ワクチンの効能も含めた様々な要素が絡み合ったまま最終決定タイミングを迎えることになる。
人気 Picker
対策を万全にして準備を進める、というのは今の時点で聞かれれば、官房長官として当然の答えだと思う。官房長官の記者会見は評論家のコメントではなく、政府の公式見解を示す場。
今は、開催を前提とした対策、観客の受け入れを含めた開催の形態、そのための準備や各国との調整、そしてワクチンの接種体制整備を、諸外国の感染状況などを見ながらギリギリの線で全力で進めているのだと理解すべきで、そうした政府全体の動きの中で、最終的な決定は行われるはず。だが、その決定は直接的には緊急事態宣言などの足元の動きとはリンクしないし、判断のタイミングは今ではない。
ワクチンの接種時期を計算すれば自ずと答えは出るような??

別に来年でもいいよ