新着Pick
610Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
寡占市場は競争しないことが事業戦略。結果同じプランにするか、比較するのが面倒な料金プランになる。

昨日、予想したとおり、よく比較すると、同じサービスを選択すると同じ料金プランになる。音声込みで2,980円。これは、もう競争はやめましょう、というメッセージ。裏でやると独占禁止法に触れるから、あえて同じ料金で出すことになります。10円安くてもダメなんです。

結局、乗り換えなくてもよいことになるんですね。
次に楽天は、今の無償サービスを継続するかがポイント。この時点ではまだ様子見をしたい楽天は、半年程度無料延長という戦法で来る可能性が高いですね。

次はMVNOも新サービスを発表してきますから、MVNOシェアは15%前後で変わらないと予想できます。ただ、MVNOの利益低下を招くので、統合されていくと思われます。
MNO3社とも料金プランに関するTVニュースへの露出が増えており、実質「メインプラン」のような印象を受けます。しかし、実際は新プランへ切り替える人は限定的だろうと想定しているのでは?と予想しています。

21年度の業績がサブブランド含めてどのように変化するのか?は1年半後の楽しみですね。
 
キモはオンライン限定の「直販」だから安いんですよ、という決して目新しくはないロジックです。しかし、○○ショップという代理店制度で裾野を広げてきた歴史があるので、各代理店との調整をふっとばしての各社プラン発表ではないでしょうか。
KDDIのプランは、音声通話を使わない人は500円安い、というわかりやすい訴求ですね。今後、楽天がどのようなプランをだすのか。そして、MVNOは差別化がだせず苦しい状況になり海外のように吸収合併が加速されることになるのでしょうか。こんな短期間で結果がだせるということに驚きです。

"1回5分のかけ放題がいらないユーザーとすれば、他社と比べて500円安く済む。"
MNO(胴元のキャリア)が各社、値下げ合戦の中、今後のMVNOは?

日本ではMVNOは、「ITリテラシーが高く」「お金には余裕がない」若年層を対象に「安い価格で」サービス提供する事業者が多く、「MVNO=格安スマホ」というイメージの方も多いのではないでしょうか?

でも、実は、MVNOだからといって、=格安スマホではないです。

MVNOとは、もともと、モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーターの略で、MNO(モバイル・ネットワーク・オペレーター、いわゆるキャリア)から通信回線を借り受けて、独自のサービスを付加して消費者に提供する事業者です。

MVNO事業が黎明期の時、世界でどのような事例があるのか調べていたところ、たとえばヨーロッパでは移民労働者が多くいますが、彼らに、出身母国とのみ格安で通信できるSIMを配って彼らを囲い込み、彼らの仕事斡旋や住居斡旋をビジネスにする事業者もいました。

ここにヒントを得て、WAmazingは、無料SIMを日本到着直後の訪日外国人旅行者に無料配布することで彼らを囲い込み、その後、旅行業を組み合わせることで事業を成立させようとしています。

今回のドコモ、ソフトバンク、それに続くKDDIの値下げは、格安スマホで展開してきたMVNO事業者にとっては脅威ですが、何事も「ピンチはチャンス」。新たな付加価値や、新たなサービスを加えた新しいMVNO事業の誕生の契機になるかもしれません。
KDDIが一工夫した感じですね。次の注目は楽天です。
通信プランはとにかくシンプルにして欲しい。割引とともに不必要な有料コンテンツを契約させてくる手法はいい加減にやめて欲しい。今回も最初は格安プランを推しておきながら、また知らない間にそうなってそうで怖い。。この先、各社には有料サービスと通信費のバーター文化を撤廃して欲しい。
1回5分以内の通話は結構多いかもしれません。ただ、実質は横並びということで、レ点オプションの携帯電話料金プランが根深く残った感。

ドコモが最初に打ち出した2,980円という価格は絶妙だったということの現れでしょうか??
3社とも通話料込で2980円。選択肢がある分auがちょっと有利ですが、やはり横並びで来ましたね。大手のシェアはあまり変わらなそうです。
これで楽天モバイルがどう出るか、MVNOの淘汰が始まるかが注目です。
加藤史子プロの、海外事例が興味深い。
ある一つのテーマで世界各国でのビジネス調べると面白いんだろうなあ、と思わせられる。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.55 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績