新着Pick
99Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
肌の色はそんなに大事でしょうか。
私は全くわかりません。

留学間もないころ、"Yellow"と馬鹿にされていたが、まだそれほど英語の意味が分からなったのでよかった。

しかし、今思えばいじめられたいと思う。

20年以上前の話ですが、肌の色の問題は永久になくなりませんね。
人気 Picker
当人のカマラ・ハリスはどう思っているのか?良し悪しは当人が決めればよくて、肌の色に多様性があるように、どう映りたいかも多様であると思います。それを外野が勝手に決めつけて騒ぐことが、多様性を受け入れていないと思います。
スニーカーファッションやソロリティAlpha Kappa Alphaの色(ピンク&緑)を活かし、ハリス氏の母校であり歴史的に黒人の多い名門ハワード大学時代のスタイルを表したかったとのこと。

私は特に肌の色に違和感は感じなかったのですが、バックドロップには工夫の余地があるのでは?!と感じ、友人と議論したばかりです。

ソロリティ(男性版はフラタニティ)は大学での社交団体のようなものですが、招待制であったり一生続くシスターフッドであったりと秘密結社のような要素も多少あり、人によっては生涯関わりを持ち続けるような重要な存在。だからこそ、カーテンをたらすだけでなくもっとVOGUEらしくファッショナブルに演出しても良かったのでは、と個人的には思っています。(ちなみに余談ですがハーバードではソロリティ・フラタニティの存在感はほぼ無く、独自の社交団体システムがありました。)
写真を2枚とも見たが、確かにトーンが白っぽい。ミシェル・オバマほど濃いトーンではないにしてもだ。
修正をしたかどうかVogueは明らかにしていないが、ハリス陣営がVogueだからとOKしたのは間違いない。真実でなければ、黒人初の女性副大統領だからと歴史的な意味を思って買う人で、傷つく人もいるだろう。
また、アナ・ウィントー編集長が、職場で黒人を起用せず、BLM運動の最中、自分の非を認めたのは有名。
黒人差別に関しては、日本人の私はやはり鈍感です。
この写真を見て、単純にカッコ良いなと思った次第。

でも、アメリカに住んでいると気をつけないといけないことではあります。
郷に入れば郷に従え…だと思っています。
今のアメリカでは、白人と黒人の対立が心情的にもセンシティブになっているのは事実です。
ハーフなのでは? カマラ・ハリスで画像検索してもアジア系で黒っぽい人と大差ないような。。。

黒人というステレオタイプにハマり過ぎでは?
カマラハリスのオフィシャル写真見てみ。
もっと白いから
https://instagram.com/kamalaharris?igshid=f781vedn139q
カマラ・ハリス氏を表紙に起用したVOGUEが炎上しています。AFPの記事によると、この騒動を受けて、編集長のアナ・ウィンターは釈明に追われているとのこと。
「ウィンター編集長はニューヨーク・タイムズ(New York Times)紙のカラ・スイッシャー(Kara Swisher)記者に対し、「われわれは当然、表紙写真に対する反応を耳にし、理解している。次期副大統領のすばらしい勝利の重要性を損なわせることを意図したわけでは決してなかったということを、改めて表明しておきたい」と釈明した。」
https://www.afpbb.com/articles/-/3325915
上院議員を辞職しないと副大統領になれませんが、もう辞職はされたんでしょうか。
スーツにコンバースが、かっこいいなと思って見ていたのですが色々な批判もあったようです。VOGUEというファッション誌への批判的な視点もこれまであったのかなと想像しました
So what?(だから?)…というレベルと感じるのは私だけでしょうか?

ファッション誌の表紙で肌の色を光量ハイ的な効果であることが問題となるというのは、多様性やBLMとは関係ないと思います。

そして、分断の危機を迎えている米国は、この案件で揉めている時ではありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
アメリカ民主党を支持しているのはこう言ったポリコレ・クレーマー達

トランプが当選してしまうくらいアメリカ民主党が嫌われているのは何故なのかが判る