新着Pick
223Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
折に触れて自分のスキルを棚卸することは非常に大切です。どんなキャリアも自分と社会との関係で成り立っています。棚卸しは自分が社会に対してできることを客観的に把握する機会となるので、自分のキャリアの納得性を高めることにつながります。

とは言え、キャリアは過去と現在だけで決まるものではなく、未来にもつながるものです。どんな未来を作りたいのか、自分のキャリアの方向性を考えることも重要です。そのためには、ライフも含めた自分の状態をしっかりと認識して、自分の気持ちと対話しながら、自分の在りたい方向を考えることも大切になります。

このような行動が折に触れてできるか否かで、キャリアの自律性が変わると考えています。
「これからは専門性が求められる時代で、「営業」や「経理」など多様な職種がある中で、「何でもできます」はある意味で「何にもできません」と同義になってしまいます。」
厳しいですが、確かにそうかも知れません。でも記事にあるように「キャリアの棚卸し」をしてみれば自分の専門性、得意、好き、などいろんなことに気がつくかと思います。
好き得意を伸ばして専門性に出来れば理想的ですね。
大事なことは、

・他人とキャリアを比べ続けている限り幸せは感じられない
・自分のスキルが持つ価値は評価者の周りにいる他者と比べられるなかで定まる

ことを知っておくことかなと思っています。

となると、行き着く先は、自分を知ること、と、評価者を知ること。

なので、自分は、

・何を大切にしているか?
・どんな人が好きか?
・どんな人が許せないか?

などに自分なりに答えていくことで自分を知る。

そして、評価者は、

・どんな動機を持っているか?
・周りにどんなスキルや価値観を持った人が集まっているか?

などに仮説を持って答え、評価者に確かめることで検証することで、評価者を知る。

と、自分が選ぶキャリアの選択肢は自ずと明らかになっていくと思います。
「どういうことをしたいか」も重要ですが、
「どうなりたいか」といった視点も重要
だいたいいつもキャリアダウン
株式会社ビズリーチ(英語: BizReach Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く、インターネットを活用したサービス事業などを行う会社。 ウィキペディア