新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ネットを中心に、これだけ取り上げられたら宣伝効果は抜群でしょう。はじめから、わざと間違えていたりして(笑)
人気 Picker
こうしてネットニュースに載った時点で貴重品ですね。
マニアの方や愛好家が垂涎かもしれません。
食品の法律には詳しくありませんがデザインは成分やアレルギー表示と違って自由度があるのではと思います。(商標が触れていたら別ですが)
数年後お宝鑑定に出てるかもしれません。

Aじゃないかキャンペーン、面白いですが、スペルミスに気づいた時の血が凍るほどの衝撃の中で当事者がそれを言い出すには相当な勇気が必要だと。おそらく各社や経営や販売店やらの説明で大混乱なのだろうと。

私も回収、発売延期、経験あります。本当に辛い。お察しいたします。

こういう形で話題になるのも悪い話じゃないのかなと思います。
なんらかの形で商品が活用できることをお祈りしております。
結構話題になっているようで、元々の商品の注目度も高かったのでしょうが、食品ロスに対して日本でも意識が高まっていることが感じられます。
一昔前であれば、ブランドイメージを守るための廃棄は当たり前のように行われてきました。しかし今は、資源とエネルギーを使って生産したものを廃棄すると、結局はそのメーカーの企業イメージの悪化に繋がります。もし廃棄となる場合、場所が欧州なら消費者運動も起こりかねません。

どのように処分するかは公表されていませんが、メーカーから訳あり品を引き取って再販売するフードシェアリングプラットフォームも、フードバンクも、軽微な表示ミスの食品の受け入れはしています。フードバンクのほうはアルコールを受け付けないところも多いのでマッチング難しいかもしれませんが。廃棄ではない方法が選択されるとよいですね。
発売前から仕込みはバッチリ、法的には「こういう商品名なんです!」で通るわけで、売らない理由が無いですよね。
「ピンチをチャンスに」変える思考、大切ですね。EじゃなくAじゃないは、余裕あるユーモア感じてとても素敵です。

ストレートに「スペルミスしてしまいました。。。しかし、世界中にまだまだ食糧難で苦しんでいる人々がいること、サステイナブルを考えると売ることに決めました!」と伝えても、今の時代においては、シンプルに心に刺さる気がします。 

もしくは寄付するなどという手もあるかもしれませんね。メディアに出てしまうなら、粋な計らいだなと消費者に思っていただくこと、とても大切ですね。 ただし、担当者のお気持ちお察しします。
結局このような結論に至るのは、日本の組織にある減点主義とことなかれ主義が原因。

この記事にあるように、本音と建前を上手くマーケティングに活かして売る事の方がよっぽど会社と社会の為になる。

最近何度も言いますが、企業が今求められているのは「完璧」ではなくて、失敗や窮地に追い込まれた時の「態度」なんですよね。

笑ってごめんね、でも美味しいよ。
これでいいですよね。
よいと思います!
もうすでにかなりの広告費分、話題になっているのではないでしょうか…!
今は難しいと思いますが、サッポロビール園限定で販売するとか、金額に応じてプレゼントするとか観光客を増やすために一役買えるのではないかと思います。そのパッキングの仕事を障がい者の方に依頼し、CSR活動としてもアピールできると思いますよ。廃棄だけは避けて欲しいですね。
これで良いと思います!

ここで広報や宣伝が反応しない会社は
これから生き残れないですね。
「LAGAR BEER」という新商品です。

もう新商品として成立してますよね。この注目度の高さ。

正しい「LAGER BEER」表記で発売しても、これだけ話題にはならなかったのでは。

多くの人たちの賛同と要望に応えて、発売しちゃいましょう。何が起きるかわからない時代にはありかも。
SDGsの時代にほとんど人が気にしない一字間違いで全品廃棄をするのは寧ろ時代に逆行しているのでは?商品自体に瑕疵があるなら別だが。販売すれば消費者の支持、共感が得られるだろうし、SDGsに本気で向き合う企業姿勢を示す事が出来る絶好の機会かと。売り上げは食品ロス課題解決に使うとかでもいいかもしれないし。
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア

業績

サッポロホールディングス株式会社(英語: Sapporo Holdings Limited)は、ビールメーカーのサッポロビールや清涼飲料水メーカーのポッカサッポロフード&ビバレッジなどを傘下に持つ純粋持株会社である。2003年(平成15年)7月1日に、(旧)サッポロビール株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
1,738 億円

業績