新着Pick

コロナで仕事失う人と何ともない人に映る格差

東洋経済オンライン
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済情勢の変化が人々の所得に与える影響は、人によって大きな差があります。ほとんど影響を受けていない人がいる反面で、甚大な影響を受けている人がいます。これまでもあった…
842Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「寄らば大樹の陰」で雇用されている人たちと、零細企業や自営業者の間の格差は明白です。

それを解消するには、現在の厳格すぎる解雇規制を緩和・撤廃するしかありません。

人材の流動化が進めば、(就業形態に関わらず)意欲と能力のある人が報われ、働かない社畜(失礼)が困窮することになります。

結果として、多くの人たちが必死でスキルを磨いて働くようになり、労働生産性も上昇します。
ポストコロナの時代に、「やっぱり終身雇用の大企業がいいよね」みたいな話になりかねないですね。それでは日本の潜在成長率は更に低下する。
こんな時期に独立の一歩を踏み出した自分の運の悪さにビックリした時期がありましたが、今はこんな時でも仕事を継続していただけている運の良さとか、ありがたさを身に染みるようになりました。

「この人なら」「この会社のサービスは必要」とお客さんに思っていただけているかどうか、この有無がコロナ禍ではっきり出てきていると思います。