新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サプライヤーの数を絞る代わりに好条件の取引を引き出す手法は、日本の自動車産業では2000年代に入って活発化したと聞きます。

一般論ですが、低コストでの調達は経営指標への即効性があるため、アクティブな経営者はこの方向に舵を切ろうとします(日産のゴーンがそうでした)。サプライヤーの数を限定すれば、調達リスクを増大させることになりますが、リスク・マネジメントはコスト押し上げ要因となることから、経営者は積極的に推し進めようとはしません。万が一そのようなことが起こったとしても、特殊要因で済まされてしまいます。

自動車産業は5ないし6次下請けまであると言われており、最も外注化が進んだ産業の一つです。全面的なサプライヤー依存も経営効率は引き上げますが、リスクは増大します。これにはカントリー・リスクも絡んできます。以上のような理由が複合的に関連し、調達リスクが増しているようです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.0 兆円

業績