新着Pick

25年以上前の教員わいせつ、異例の再調査へ…被害認定の判決確定受け

読売新聞
札幌市立中学生だった頃から男性教員に性的被害を受け続けたとして、東京都在住の女性(43)が教員らに損害賠償を求めた訴訟で昨年12月、東京高裁が性的被害を認定する判決を出したことを受け、札幌市教育委員会がこの教員に聞き取
47Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
本人が否定していても高裁が事実を認定した点は重いです。
とはいえ、判決があっても25年以上も経過しているので行政サイドからの調査には限界があります。丁寧な事実認定をして処分を判断する必要があるので、法曹や学者を交えたしっかりとした体制で臨まないと、中途半端な結論に至ったり、思わぬ反撃を受けたりします。
人気 Picker
「男性教員は現在も市立中学校に勤務している。」25年の間、この教員に他のわいせつ事案はなかったのか?この教員から現在も授業を受けている生徒がいる。徹底的に調査が必要。
被害認定を受け、25年前の事件の再調査を始める決定をした札幌市教委の姿勢を支持したいと思います。
今の学校はわいせつ教員に対して甘すぎます。教員免許制度の改定が必須だと私は考えていますが、まずは現行制度の中で教委や文科省が厳格に処罰することは必須中の必須です。
25年の間に他の被害が出ていないかも含めて調査と処罰をお願いしたいと思います。
ぜひ再調査を実施してほしい。
再調査については、しっかり第三者や外部専門家を入れて、うやむやや、稚拙な調査過程とならないようにするべき。
本人が否定したらそれで終わり では調査ではない。 また他に被害者がいれば 辛いと思うが 名乗り出てほしい。
性被害の怖いところは「教員から性的被害を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症した」この辺りだと思います。精神的な打撃は、時に人の人生を壊します。徹底的な調査が行われることで抑止につながればと願います