新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価は648円高で、30年5カ月ぶりの28000円台乗せです。
バイデン政権が正式に発足する運びとなり、米国株はNYダウ、S&P500種、NASDAQコンポジット共に最高値を更新しました。
追加経済対策への期待から米長期金利が上がったことで、円安にやや引き戻り、これも好感して今朝の東京市場も230円高から始まりました。
3連休や米雇用統計控えにも関わらず、終日買いが続く堅調展開で、上げ幅を広げ、結局、高値引けとなっています。
半導体電子部品はじめハイテク株が堅調だった他、ゴムや非鉄など素材株も上げました。
東証1部売買代金は3兆円超え(ミニSQ)。
TOPIXは3日続伸、JQ平均は7日続伸です。
週を通せば694円高で続伸、緊急事態宣言再発令をいなしました。
テクニカル的にも前日から窓を開けて二空を形成しており「三空踏み上げ」が期待されそうです。
来週は国内では工作機械と機械受注のほか、安川やFリテイリングの決算が出ます。
中国は貿易統計、米国は小売売上高です。
前のめりの好スタートを切った令和3年、明るい兆しを探していくこととなりそうです。
緊急事態宣言による景気下振れより、米国トリプルブルーによる景気上振れの方が大きく上回るというマーケットの解釈でしょうか。
緊急事態宣言で、多くの失業や倒産が予想されているにもかかわらず、株価はどんどん上昇しています。

持てる者、持たざる者の格差の拡大?

行き場を失った緩和マネーが流入している?

かつてピケティが「21世紀の資本」で書いたことが実現しているような印象を受けました。
上院が共和党優勢、下院が民主党優勢の報道時点では「ねじれた議会は財政出動にポジティブなのでベストシナリオだから株が上がっている」という説明が多かったと記憶していますが、大統領、上院、下院、トリプルブルーでも株は上がりました。要するに株価は上がりたいのですね。どんな材料でも上がる、こういう時は1番危ない、と私の直感が申しております
民主党政権になったら株価が暴落するって言ってた輩がいませんでしたっけ。

いや、僕は所得に関係なく現金をばらまくのには反対ですが。