新着Pick
404Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現政権には、全く危機感が感じられない。前回の緊急事態宣言発出時より、明らかに状況が悪化しているのに、前回より遥かに緩い規制・要請に留めるとか、緊急事態宣言を申請しようとしている大阪について、まだその段階にないと言及したりする神経がわからない。
「GoToキャンペーンが感染拡大に繋がっているというエビデンスはない」とか、意味不明なことを言っておきながら、今度は何のエビデンスもないのに「感染経路不明者のほとんどが飲食店のせい」と言い放って飲食店だけに負担を強いる。もし短期間で感染拡大を止めたいなら、こんな生温い中途半端なやり方ではなく、飲食店だけに負担を強いるのでもなく、もっと徹底して人の移動を止めるべきだ。当然、クラスターの温床になる学校も休校にし、リモート授業に移行させなければならない。中途半端な対応では、感染拡大が続いて結局飲食店を含む多くの企業が長く苦しむことになる。

首相肝煎りのGoToキャンペーンで人の移動をわざわざ促進して感染拡大を招いたゆえ、人の移動を止める政策は自己矛盾になってしまうのだろうが、このままでは感染も拡大し経済も崩壊する。特措法改正も遅すぎる。就任以来、何をしていたのか。

何よりも、もはや医療崩壊状態ゆえ、コロナに罹患したら死に直結してしまう。こんな馬鹿な政治家のせいで家族や社員の生命が危険に晒されるのは到底我慢できない。
現状の教育現場ではマスクを外し、食事をする場面あり、クラスターが容易に起きるのは自明です。USでは初期の頃の流行のクラスター温床が大学であった報告もあります。

保育園に通う自分の子供をそのまま行かせていいのか、悩ましいです。
自分が感染すると病院でのクラスター発生の原因になる可能性が高いです。またホテル自粛生活に戻るか検討中です。

やはり感染拡大阻止を短期間で達成するならば教育現場も巻き込む必要があると思います。
少なくとも現時点でパニックが起こっていないことは良いことだが、
前回の緊急事態宣言が出された時のようなピリピリとした緊張感が国民の間で感じられないように思われて気になる。尾見会長も会見では意図的にか、ポジティブな発言をされていたのが意外だった。ワクチンの接種がうまくいけば、昨年の春とはかなり違う動きになるのかもしれないが、今日に限って言えば、何か拍子抜けの感覚を持つのは私だけでは無いと思うが、いかがだろう?
「緊急事態宣言」という言葉の深刻さと、その「中身」のつまみ食い的な施策(飲食店を重視など一部のみに厳しい)のギャップに違和感を覚えます。

完全なロックダウンは、経済は止まりますが、感染拡大も止められます。
中途半端な「緊急事態宣言」は、経済は止まりますが、感染拡大は止められない可能性が高いのでは?という懸念が拭いきれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
再給付など不要。

今回は高リスク業種たる飲食店が傷つくため、医療キャパ拡大とともにエビデンスベースで財政もそこに注ぎ込むべき