新着Pick
1082Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
加齢により精子の老化と思しき影響がある。
通説になれば、女性の卵子凍結と同様に男性の精子凍結の動きも出てきそうです。
人気 Picker
【追記】本記事の著者です。関連してnote記事を書きました。「加齢精子は次世代の多様性を増す」合わせてお読み下さい。https://note.com/sendaitribune/n/na826903f3275

【追記2】2月10日付け朝日新聞医療面にて紹介されました。内容はこちらのAsahi.web記事を御覧ください。
https://www.asahi.com/articles/ASP145QMSNDTULBJ00K.html

東日本大震災後に出会った論考をもとに立ち上げたプロジェクトの一区切りとなる論文を世に出すことができました。欧州分子生物学機構および東北大学からプレスリリースされ、朝日のウェブ記事、日刊工業新聞等に掲載されました。こちらはNewspicks用に、さらに背景や波及効果について詳しく解説を加えた記事です。

少子高齢化が進む日本において、「卵子の老化」だけでなく「精子の老化」についても考慮することが大事だと思います。

一方、人類の進化というスケール考えた場合に、寿命の延伸が天才を生み出した可能性についても妄想しています。この点は追ってnote記事に残しておこうと考えています。
久しぶりの、そして新年初回の「ディープな科学」は、精子の「老化」に関する最新の研究成果について、プロピッカーでもある脳神経科学者、大隅典子・東北大学教授の寄稿でお届けします。

卵子と同様、精子もやはり老化し、次世代に影響することをマウスを使った実験で分子レベルで解明したという興味深い報告です。

「ディープな科学」では、今年も好奇心を刺激するさまざまな科学の話題を取り上げていきます。よろしくお願いいたします。
「20代の父親から生まれる子どもの自閉症リスクを1とした場合、30代、40代と年齢が上昇するにつれ、そのリスクは徐々に増加し、50代では1.66倍になる。」かなり顕著な増加ですね。確かに女性の高齢出産などのリスクに比べて男性の加齢による子供への影響に関しての情報は少ないので、全然知りませんでした。自閉症や発達障害と診断される人の数が増えているのは、単に今までより認知度が上がって診断されやすくなったとか、世の中が生きづらくなったとかだけでなく、老化した精子から生まれる子供の数も関連しているのでしょうか。
同じ男性でも、20代と40代とでは、精子濃度、運動率、奇形率は全く違います。日本では、加齢による卵子の質の低下ばかりがこれまでクローズアップされてきましたが、精子も同様に老化するのだということをもっと多くの人に知ってもらいたいですね。

ちなみに精子の状態についての検査は、泌尿器科でも受けられるそうですので、妊活を希望しているけれど、いきなりKLCなどに行くのはハードルが高いと思う場合は、そうした医療機関を訪れてみるのも良いのではないでしょうか。
とてもわかりやすく解説された記事でした。精子の老化の影響は、卵子の影響より遅く表面化するから長い間よくわかっていなかった…。たしかにそうですね!

発達障害の子どもの数が増えているのは、発達障害という病気が認知されてきたからとか、「普通」を求める社会の目が厳しくなってきているからかとかも思っていたのですが、カップルの高齢化の影響もあったということですね。

この研究結果がきっかけで、発達障害や高齢出産にまつわる常識が変わっていきそうです。
自閉スペクトラム症は、子どものおよそ20~50人に1人が診断されており、発達障害の特性は2~3歳頃から目立ち始め診断を受けているようです。

今回の研究結果から父親の加齢も一つ要因としてあることが分かり、新たな治療法を予防法を開発することにつながるのであれば、発達障害を持つご家族や出産を考えている方にとっても明るい希望となるのではないでしょうか。
精子の老化には賛同するが、「女性の特殊合計出生率(1人の女性が何人の子どもを産むか)と女性の就業率には「正の相関」があるので、むしろ、働く女性が多い社会ほど、多くの子どもが生まれている」というのは事実と異なります。なんで15-64歳の就業率と15-49歳の出生率とを相関させてんですか?40代以降の女性の就業率が上がるのは自明で、出生と関係ない女性の就業率があがったからといって出生率があがるなんてこじつけはやめてもらいたい。そもそもそこはこの方の専門外では?
衝撃的な内容ですね。
ちなみに子育ては大変ですから、父親も若い方が無理がきくという点でも子供の成長に影響するかもしれませんね。
「ディープな科学」、ディープさ具合がちょうどいいですね。
これからも楽しみにしています。
結論としては、精子も卵子も、可能であれば、若い間に凍結保存しておけば、後に不妊や加齢で悩んだ場合などの救世主になれる可能性があるということでしょうか。

食事の改善などで、一見、以前より、若々しく見えている現代人でも、体内の老化は、それほど変わっていない…つまり生命時計は、変化していないということであれば、これは重要な示唆ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません