新着Pick
601Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20代30代と焦る必要はない。

もちろん、ボーッとしていてはダメ。経験や肩書きにしばられて、柔軟性がなくなる前に、学び続けて成長できる力を身につける。

リモートワークでも、オフィスワークでも、考え方次第で、仕事の仕方は変えられます。

アウトプットの習慣化など、変えられるとことは、積極的に取り組みましょう。何歳になっても成長できます。
20代、30代を超えてもいつでも効果的な取り組みは始めた方が良いと思いますが、特に書かれていることはできるなら早くから着手した方が良いですね。
特にリモートワークが進み環境的にはリモートワークで十分な環境だとしても、自身のキャリアを考える上では、人と繋がれる取り組みは積極的に実施した方が良いと思います。

メンターをつけることは私も20代から色々なメンターを紹介いただき、フランクに仕事のこと、キャリアのこと、プライベートなことなど相談していました。利害関係ない間柄で客観的な視点で、情報をいただき、自分の今をどう思うかフィードバックをもらうことが重要です。
最近は逆メンタリングも有効だと知り、Z世代の動向なども興味があるので、逆メンタリングもしています。(若い方にメンタリングしてもらうこと)

またリモート会議での顔を出す会議ですが、私は全てオンにして実施しますが、確かに顔を出してもらった方があいずちや顔の反応のイメージで人を覚えることができますから、若い世代の方は特に積極的にオンにして会議に参加するが良いと思います。コメントなどを求めるときも、オンの人にふりたくなりますので、印象付けるには良いですよね。

そして巻込力、これはEQの話でも出てきますが、大事です。物事を遂行する大きさはどんどん広がっていきますから個人でできる力量だけでなく、チームで一丸となって巻き込んで物事を成功へ導く力を早いうちからつけられると求められる人材になります。
年代に関係なく、大事なポイントは記事中に書かれている、以下の5項目ですね。

20代、30代だと、特に「アクション④:インプットよりアウトプットを習慣化」だと思います。

本を読んだり、セミナーに参加したり、MBAや資格を取得したり…それらも、すばらしいですが、アウトプットしなければ、価値提供には繋がりません。

(以下、記事中から引用)
アクション①:修正力を重視する
アクション②:業務遂行能力より「巻込力」を高める
アクション③:客観的な目を持つメンターとつながる
アクション④:インプットよりアウトプットを習慣化
アクション⑤:文字でなく映像でコミュニケーションする

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
先日読んだ記事の中にこのような表現がありました。

「これまで」の既成概念を取り払い、
「これから」新たな価値観を持つことの必要性

無駄を捨てて、変化に適応していく人材が強い。