新着Pick
511Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
浜田敬子さんというジャーナリストであり、ビジネスインサイダージャパンを一から立ち上げた経営サイドの目線をもつ人のインタビューだからこそ実現した、深い対話ですね。本家のインタビューを併せてお読みくださいという感じです。
アメリカの旧メディアがDX化に成功し、尚且つ公権力やビジネスの監視という役割をしっかり担えている。日本ではなぜできないのかといえば、やはり新聞社もM&Aの対象になる厳しい経済環境がないからではと思います。

「企業の場合は、株主や消費者や従業員などいろいろ角度からすでにチェックされています。」
企業へのメディアによるチェックは必要ないかといえば、日本でのコンビニ問題です。巨大なスポンサーであるコンビニに異議申し立てすることは、ネットメディアからテレビ新聞の大手に伝播したからできた。この相乗効果がなければ政府もあそこまで動くできなかった。コンビニ委員会での議論を経て、結果的に公正取引委員会による加盟店ガイドラインの改定まで進んだ。

弁護士.comの記事がきっかけですが、編集長に伺ったところ、ネットだけでは難しいと思ったので大手メディアにリークし、NHKが乗ってくれて一緒にやったということが、大きく社会課題化し政府を動かした要因だったと思います。やはり様々なメディアがいることが重要です。
だからこそ成功しているということは感じていましたが、あぁそうか、最初から公益性やジャーナリズムよりビジネス、エンタメを追求するものだったのかということが、浜田敬子さんによる突っ込んだ質問によりこれでもかというほど明確に示されたインタビューでした。

個人的には「稼げるメディア」にする難しさとその達成は尊敬しますが自分とNPが相いれなかった理由がこの一節でかなり明確になり、頭がクラクラしました↓

>その一方で、前者の権力の監視はどこまで必要なのかなと。もちろん、政治などの公権力や社会問題はメディアによる監視が必須ですが、企業の場合は、株主や消費者や従業員などいろいろ角度からすでにチェックされています。メディアがビジネス面で評論をする正当性がどこにあるのか?と考えているんです。

この記事を読むとNPは私含む経済系ジャーナリスト、新聞社やテレビ局にいながらプロピッカーをしてきた人たちのコメントは要らないんじゃないかなと思います。NP記事でも米チーム等でジャーナリズム的観点からのいい記事があると思いますし両立を目指せたらベストで、佐々木さん退任されたので現経営陣がどう考えているか分かりませんが(新経営陣は目指している方向性についてこの記事と異なる点があるなら早く発信したほうがいいと思います)。
佐々木さんから学んだことは、本当に数多くあります。

一方で3代目として(なんとかブラザーズではない)編集長を継いだ私自身は、プロフェッショナルとしてのジャーナリストの力を信じています。だからこそ、「新しい王道」というメッセージを掲げています。

「新しい王道」には、取材力×新しい表現×新しい切り口×ユーザーファーストのデリバリー…といった要素を込めているのですが、ジャーナリズムという視点でいえば、旧メディアのような独善的なものではない、という意味があると思っています。

NewsPicksは、高い専門性をもった方々の質の高い複数の視点が得られるところが最大のバリューです。そうした場でジャーナリズムを追及していくことは、われわれジャーナリスト集団をさらに高みへと飛躍させてくれる最高の場でもあると思っています。
僕自身、広告事業の立ち上げもやり、しっかり稼げるビジネスモデルを作ることにこだわってきました。
まだまだ強いビジネスモデルを作りきれているとは思っていないですが、方向性は見えてきたので、それをしっかり形にしながら、よりステークホルダー(ピッカーの方々やメディアパートナーも含む)に還元していけるモデルに昇華させたいと思っています。


あとジャーナリズムが必要なのかという点に関しては、不要ではなく、世の中に実務家のコメントや発信が増えたことで、求められる質が変わってきているんだろうなと思っています。

専門分野を深く研究しているプロフェッショナル(記者や大学教授含む)の方々の知見と、最前線で実行している実務家の知見がうまく融合するようなサービスにNewsPicksをしていきたいと思います。
NPを退任された佐々木さんにインタビューしました。NPの成功の理由だけでなく、メディアとプラットフォームの関係、日本の既存メディアの変革に必要なこととは?など、本家とは一味違うものになったのかな、と思っております。
綺麗事だけではなく、稼ぐということを明確にゴールにしているのが、メディアで生き残る企業だろう。NPがメディアなのかプラットフォームなのかは結局わからなかったが、ここまでコンテンツ制作利益も高くなると、プラットフォームの中立性を維持するのも難しいだろう。
朝から佐々木さんの退任インタビューを読み、目が覚めました。
私自身、6年前にNewsPicksにジョインし、広告事業(Brand Design)をゼロから立ち上げてきた立場で、NewsPicksの大黒柱を果たせてきたことを改めて誇りに思います。同時に、広告事業も私自身も、次のステージに行かないとと気持ちを新たにしました。
佐々木さん、改めてありがとうございました!これからもよろしくお願いします。
作り手もレガシーとデジタルが融合したチーム。作っている経済ニュースも大企業もスタートアップもグローバルも。大企業のレガシーだけとか、スタートアップのネットだけとか、そういう分断なく偏りのない経済ありのままを伝える視点が共感します。プロジェクトXのような現場のメイキングを現代風に作って欲しいですね。全ては人なので企業報道より企業人報道が面白いです。
「やはり資本を持つ側にいないとなあ」、「資本主義の中でメディアやコンテンツなどで自分のやりたいことができるか考えたときに、ちゃんと資本家になってみて、そっちの景色も見てみたい。」

本音を垣間見れたような気がしました。
急成長を求められるスタートアップであり、事業開始から数年のタイミングで上場もありましたので、NewsPicksはマネタイズと収益性の観点は強く意識して立ち上げてきたメディアなのでしょう。