新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これも前回の緊急事態宣言の経験を踏まえての決定かと思います。すでに年末年始の需要も減っていた中で、さらに緊急事態宣言となれば、東京発着の便の利用者は大きく減ることが考えられます。
「航空会社は人件費や整備費などの固定費が大きい。今年度は1500億円、来年度は2500億円のコスト削減を行う」

との事。
今後は余剰になった人員の調整含め、外注していた作業の内製化どうも進んでいくのではないでしょうか。
どっちみち、「首都圏在住の方は来ないで」という雰囲気になると思うので、物理的に飛行機が飛んでいてもなかなか現地に足を運べないと思います。だから、減便はやむなしかも。
航空会社等輸送機関等には気の毒ですが、もともと、スペイン風邪の情報がいきわたっており、第二波等が来ることは承知してたはずですし、専門家は警告していたのですから、経営者は、政府の政治的対応に同調せずに、毅然と対応すべきであったと思います。
ANAHDの年末の資金調達が話題になったのも束の間。需要減による減便検討とは。世知辛い世の中です。
2000億円を負債の返済、1300億円余りをボーイングへの入れ替えと、中長期的な投資へ動いていた矢先の緊急事態宣言は、非常に大きな打撃になるでしょう。
国内外線ともに今後の需要回復には時間がかかる見込みです。雇い止めや解雇の動向も気になります。
副業推奨になったりして?
一週間先の予定が立てられない状況の再来。あと一年くらいは仕方ないか。
厳しい状況に、更に追い討ちをかける厳しい状況となりそう
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.31 兆円

業績