新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シンガポールでコロナによるロックダウンがあって以降、月間走行距離がコンスタントに200キロを超えるほどランにハマってるけど、ナイキのシューズの進化がすごくて他のブランドは考えられない。数ヶ月ごとにどんどん新商品出て、しかも履くと早くなるからつい買ってしまう
男女のハーフ世界記録でアディダスのアディオスプロが貢献したことによりナイキからの脱却傾向も期待されましたが、結果はむしろナイキが増えましたね。

今年の箱根駅伝までは事前に実践のロードレースの機会も少なかったため、効果を実感できる機会も少なかったからか、まだナイキから変えるランナーはいなかったですが、来シーズンまでには実戦で試してナイキ から乗り換えるランナーも増えてくるのではないかと思います。
昨年はカラーをピンクに統一していた為圧倒感を感じていましたが、今年は白や黄色といったカラーが分かれていたために、シェアが上がっている感覚はありませんでした。NIKEとしてはもはや選ばれることが『当然』となったので、カラーバリエーションを見せて視聴者へアピールしていたのでしょうか?
他社も黙ってみているわけはないので、研究開発に期待したいですね。
95%がナイキを選んでいる。選手の用品に関する拘りがあるからこそ、一番のプロモーションでしょう。ウェア以上にこだわりが出るとは思うのですが、ウェアもショートパンツとスパッツ的なウェアと使い分けているチームがあって、用品が気になって見ていました。
ブランドとは信頼。

選手が求めるもの=最高のパフォーマンスを引き出すアイテムとして、成果に対してシビアな選手が選択したのが、NIKEシューズだったということ。

単なるブランドイメージだけでここまでシェアが上がることはなく、少しでもタイムを上げたい。という選手の最もシビアな要求に応えるために、他社とは違う革新性をもって厚底シューズを開発したNIKEの企業努力に他ならないのではないだろうか。
年々上がっていくナイキの厚底シューズ率。これ以外で勝負するのが難しいということでしょう。見ている感じでは全員が最新、最高の性能のものではなかったように思いますが、それでもナイキの厚底を選ぶ方が早いということなのだと思います。
区間新が1区間しかなかったとはいえ、やはり、さすがのブランド力を感じました。これまでと使う筋肉も違うようなので、体の作り方も靴をベースに変わってくるのでしょうか。
関連記事一覧
ナイキ、21歳ラッパーの「悪魔のシューズ」を商標権侵害で提訴
Forbes JAPAN
25Picks

ナイキ、ネイマール氏と契約終了 性的暴行疑惑の調査拒否で
共同通信
19Picks

「マラソンは○、1万mは×」ナイキ厚底規制に翻弄される駅伝大国ニッポン - 箱根では「厚底参考記録」が続出も
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
18Picks

ナイキ最速シューズ、他社も選手の使用許可
The Wall Street Journal
13Picks

ナイキ厚底に群がる「転売ヤー」のせいで選手にシューズが届かない - 1週間で60足がヤフオクに並ぶ異常
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
5Picks

青学主将はビール会社、あの東洋イケメン選手は箱根駅伝で「活躍した4年生」はどこへ行くのか?
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
4Picks

「ナイキ」など複数のスポンサーが全仏棄権の大坂なおみを支持 「彼女の勇気を称える」
WWD JAPAN.com
4Picks

“ナイキ1強”の厚底シューズ、アディダスが大逆襲箱根駅伝でも勢力2分か
ビジネスジャーナル
3Picks

「ナイキ」がアルファフライのトレーニング向けシューズ発売、合成素材のプレートで長距離でも疲労感を軽減
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
3Picks

箱根駅伝は「どちらのナイキ厚底を選ぶか」が明暗を分けた? 10区で逆転、駒澤大に“ミス”がなかったワケ
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks