新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
12月23日付のBBCニュースでブレア元首相が語ったとされるニュース記事でブレア氏は、"2回の投与が必要だが、1回の投与で実質的な免疫ができる "と述べたそうです。

ブレア氏は、この提案が教授デビッド-サリスベリー(インペリアルカレッジの客員教授、2013年まで保健省で予防接種を担当していたそうです)の助言によるものと述べています。

そのなかで
"1回接種で91%防御を得て、2回目の接種で95%を得る、つまり2回目の接種で4%しか得ない "という趣旨で語った、としています。

▷Coronavirus: Vaccinate more people with one dose, urges Tony Blair
https://www.bbc.com/news/uk-politics-55410349

これは、数字がおかしいように思えます。

ファイザー-ビオンテック社のワクチンは、『2回の』接種で95%の有効性が期待されますが、『1回接種と2回接種の間』では、52.4%(95%CI 29.5~ 68.4)と推定されています。

▷ファイザーとBioNTech、New England Journal of Medicineに
BNT162b2 COVID-19ワクチン候補の主要な国際共同第3相試験結果を公表
https://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2020/2020_12_11.html

この数字のギャップがなにから起きているのかは不明です。
ですので、この情報自体もなにかの誤解もしくは新情報からでているのかもしれません。

(追記)
デビッド-サリスベリー氏が2回目の接種後7日間で91%というデータから、『1回目で91%』と読み替えている様ですが良いのかどうかわかりません。
情報がさらに増えることを期待しますが、現状では『工夫した予防接種間隔』はあまりおすすめできないように思います。

小児科では、『予防接種間隔のみだれ』は多く経験します。
しかし『さまざまな予防接種間隔で同様の効果が期待できるか』の質問に対して、多くの場合は『データがないもしくは不十分』のが現状で、よく悩みます。新規ワクチンでは、そのような工夫の余地はないように思えます。

(追記2)
土田さま、おっしゃるとおりですので修正します。
米国では、すでに接種を1回済ませた人はスケジュール通り2回目を接種する形を想定してワクチンの分配が行われています。

これは、1回のみの接種では効果が不十分であると考えられていること、スケジュール通りに接種しなかった場合にどのように有効性や安全性に変化が出るのかがわからないことに起因しています。

この報道がもし正しい情報なのだとしたら、どのような根拠で決定されたのかの背景を知りたいところです。それなしには、これが正しい判断なのかコメントのしようがありません。

少なくとも現時点では、未査読の論文も含めて、限られたリソースをこのような方式で分配するメリットを検証した研究結果は見られていません。
指摘されている問題は、1回目と同じワクチンが入手できない場合、1回目に接種したワクチンの種類が特定できない場合だ。英国政府は、そうした場合でも、さまざまなワクチンの組み合わせを許可するらしい。なお、フランスは、規定の接種法に従い続けるということだ。
野暮ですみませんが、堀向先生、トニー・ブレアさんは元首相です。20年前は如何にもニューリーダーでしたが、今や歳を重ねられました。

さて感染対策の戦術がより「広く薄く」なった形ですが、この決断の背景にワクチンの供給不足があるならば、製薬会社に頑張ってもらうしかありません。

色々シニカルなモノの言い方をされる方もいるでしょうが、一早い安定を望むばかりです。かといって経済を止めることはできないので、感染対策との両立を図りつつ、やはりワクチンに期待するということになるかと存じます。
アメリカでは、ファウチ博士が延期しないと。

https://www.nytimes.com/2021/01/01/world/dr-fauci-advises-against-the-british-approach-of-delaying-a-second-dose-of-vaccine.html

治験でファイザーは3週間、モデルナは4週間後に2回目を接種したときの効果がそれぞれ95%、94%というのがわかっている。間隔をそれ以上あけたときにどうなるかはリサーチしていないので、未知の混乱を招くべきではない。

一回接種して、抗体できる率が低くて、接種した層でも感染する人が出たら、供給量が足りてないワクチンが無駄になってしまう。そう考えるのがもっともに思えます
2回の接種の感覚を広げると言う決定について、
まずは英国政府の見解と根拠を知りたいと思う。

大国の政府が何らかの根拠もなしにこのような方針を打ち出すはずがない。
何かあるはずです。

その上で申し上げると、
「より早く、より多く」と言う意識は大いに尊重されるべきだし、きたる2月からの、わが国の接種開始に向けて、
日本政府もそのスピリッツを学んで迅速な行動に結びつけて欲しい。
とのとのさんのコメントが分かりやすいです。

ここまで感染者が増えると、集団免疫を確立させて、とにかく重症患者を減らすことが優先になるということかと思います。

個人的には、コロナ完治後の後遺症も軽減されると良いなと思っています。
これはなかなか難しい問題ですね。1回目の摂取だけでは不十分なことは確実ですが、不十分でもより多くの人々に提供することを目的としての措置だと思います。

データが不十分なんですが、懸念点としては臨床試験のプロトコールに乗っ取らない形となるので、2回目のワクチン摂取でも試験結果通りにならない可能性があるということです。

壮大な社会的実験ともなりそうです。
一年後くらいにはこの政策が良かったのか、悪かったのか科学的にデータとして出てくるでしょう。
感染力の強い変異種の出現、ワクチン供給量の問題から、ワクチンを2回接種するかどうか再考する動きが免疫学者からも出ているね。

では一回だけでどのような効果があるか、それはまだ明確にはなっていないようだけど

My first tweet of 2021 is going to be about 1 dose vs. 2 dose vaccine. I have tweeted in the past of the immunological advantages of a 2 dose vaccine. However, given the enhanced transmission variants on the rise, we need a modified strategy. (1/n)

https://t.co/si1bxgKqbf

業績