新着Pick

日本の大学「使命を全うしてない」と断言の理由

東洋経済オンライン
新学習指導要領のスタート、プログラミング教育の必修化、外国語の拡充など、2020年からさまざまな教育改革が始まっている。今月には、大学入試センター試験に代わり、いよいよ初めての大学入学共通テストが実施される。こうした変わりゆく日本の教育を産業界はどう見ているのか。菅義偉首相のブレーンの一人といわれるデービッド・アトキンソン氏に話を聞いた。
124Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
オックスフォードの学部生も教えた経験があるのでコメントすると、あのレベルの学部生が揃う大学は日本に10は無いはずで、イギリスにも10は無いはず。そして、使命を全うしている大学の数もしかり。
人気 Picker
「クリティカル・シンキング」(カタカナで書くと、沈んでしまいそう……)を学ぶことは大学の存在意義の一つだと思う。ちなみに、日本の大学進学率は決して高くない。(2019年についてはこちらのサイトなど参照 https://www.globalnote.jp/post-1465.html

さらに言えば、経済格差と地方格差が連動して大学進学率に影響していることは、今後、大きな分断を生む危険性がある。
日本はコロナ等で罰則出来ない割に、学校や会社の規則は厳しく、いたるところに罰則がある。

髪型、服装、会社員でも多くの罰則あり。だからこそ自ずと委縮して、勉強・仕事する環境になっている。

髪型もツーブロックなど、仕事も副業、フリーランスも大いに認めるべき。SNSも学校・会社・組織の一員でも自由で使わすべき。

自由度がない社会では、クリティカルシンキングもできずらい。なぜならいくらいいアイデアだしてもどうせつぶされるので。

コロナの時代だからこそ、コロナを言い訳にしてでも、今の日本の文化・風習を新しく変革すべき。

今は一人一人が主人公として輝く時代です!STAY GOLD!!
アトキンソン氏の指摘している通り、クリティカル・シンキング(物事を突き詰めて考え、これがベストな打ち手なのかを、冷静かつ客観的に分析し続けるスキル)を磨くことは大切だと思います。

座学中心で一方通行の、日本の大学の授業のスタイルを、もっと変えていく必要があります。知識の詰め込みだけに終始していては時代に取り残されてしまいます(アクティブラーニングなどを取り入れている大学も増えつつありますから、すべての大学について当てはまるわけではありませんが)。

もちろん「体系だった知識」があることは大切で、それが深い思考力のベースになる訳ですが、「知識量」だけについて言えば、大量学習をしているAIには、人間はどうやってもかないません。であれば人間は「知識のその先」に行く必要があり、そのためにもクリティカル・シンキングを身に付けることが重要なのだと思います。
同意します。詰め込みは全ての前提だと思います。

日本の小中高では詰め込み教育がよく批判されますが、クリティカルシンキングを教えるという意味では、小中高までは基本的に詰め込み教育をする場で、大学はクリティカルシンキングを訓練する場所だと考えています。
私が大学生だった30年前に比べたら、今の日本の地方国立大学は学生に考えさせる内容の教育プログラムも大幅に増えて、ディスカッションやディベートも取り入れられていると思います。

また、今の企業側のニーズからすると、批判的思考も大事ですが、更に創造力も求められていると感じます。それに加えて、理系の学生は身に付けなければならないことも増えています。コミュニケーション力やプレゼン能力、英語の力も求められるようになっています。

それらを修士までの6年間で詰め込むのも難しいので、博士課程に進んで思考力を身につけた人材を増やしていければいいと思います。

でもそれには学生の経済的支援と、思考力を身につけた博士人材のキャリアを社会が用意することも大事です。

変に批判的思考を持った扱いにくい学生は欲しくないというのが採用側にもあると思います。大学だけを変えても、ポスドク1万人計画の時と同じような悲劇が起きたりしないか心配です。

そもそも教育は百年の計とも言います。教育そのものがそう簡単に変わらないし、変わってもその成果が出るまでは年月がかかります。ですので、不断の変革は大事です。いろいろな主張をし合って、いろいろ試していくことについては賛成です。
クリティカルシンキング、大事だと思います。
グループワークなど、ワークショップ形式の講義を行っていますが、なかなか難しいです。

根本的には意見と人格は別物なのですが、同一視する気質も根強くある気がします。これは、小中高ではクリティカルシンキング必要ないともされていますが、そもそも、その時期のディスカッションの習慣の有無が反映されてるのかもしれません。

とはいえ、現実的には、理系では研究室配属後のゼミや研究発表などでクリティカルシンキングを身につける機会にはなっていると思いますが、大学生全体で考えると少ないのは確かかと。
社会人大学院で教えてたが、これはまさに実感…議論が深まらない「日本の「クリティカルシンキング教育」は141カ国中87位」
「日本の大学はクリティカルシンキングを強化するべき」

いいですよ。私は学術研究は究極的なクリティカル・シンキングだと思うので、実務出身の教員より学術研究志向の教員にとってそれ自体問題ではないでしょう。しかし、小中高の教育を今のままで、大学だけ変えれば教育が良くなって生産性が変わるでしょうか?

「アメリカでは大学院レベルまで行かなければ、オックスフォードの教育には追いつかないように見えました。それは、高校までの仕組みが違うから」

「合格基準は、その人がクリティカルシンキングをできる見込みがあるかどうか。そこを重視している」

ご自身もそうではなさそうであることを示唆しています。実際日本の大学(一部のトップ大学を除く)で教えて見ないと大学以前の教育に問題があるかどうか分からないかもしれませんね。
関連記事一覧
「英語、専門、作法が重要!」大学経営で勝負に出た京都先端科学大・永守理事長
ニュースイッチ
86Picks

スタンフォード大学・ オンラインハイスクール 現役日本人校長が初めて語る! なぜ、今、「生き抜く力」を 磨く必要があるのか? - スタンフォード式生き抜く力
Diamond Online
37Picks

「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?
Newsweek日本版
28Picks

オンラインイベント「英語教育×EdTech」7/13・14
リセマム
6Picks

日本が考えるべき現代公教育の3つの問題点(By タカジュン)
policy(ポリシー)
5Picks

大学入試は「適当でよい」に転換すべき合理的な理由 コスパで測るコロナ下の学校教育と大学受験(第3回)
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
4Picks

コロナ禍を受け中国教育現場がオンライン授業にどう対応したか? ~ 大学編「停課不停学(授業を止めても学習を止めない)」
HON.jp News Blog
4Picks

日本の大学の異常さ「4月でも9月でも入学可能」という当然のことができない理由
ビジネスジャーナル
4Picks

大学入試改革がテーマ、高校教員向け教育セミナー8月Web開催
リセマム
3Picks

コロナ禍の中国でオンライン教育が一気に広がった理由とは?
Watch Headline
2Picks