新着Pick
225Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
共感すると、モヤモヤしていた事が
色々とスッキリしますよね\(*°∀°*)/

そういう点から考えてみると
喋るという行為もすごく重要!
人気 Picker
子供の「共感力」とても大切ですね。 どのように共感力を伸ばしてあげられるのか とても興味があります。
やはり他者や自分以外のことに興味を持つことがスタートではないでしょうか?  決めつけることなく、疑問をもったり、その背景にまで興味があると、相手の立場に立って考えることができます。 
何よりも怖いのが無関心。 「自分以外に興味がない」といった大人にならないためにも、共感力は大切。
この記事では5-7歳を対象にした内容が論じられていますが、保育現場でマスクなどをしないといけないことの弊害が今後どの様に出るか、結構心配しています。

保育現場のマスク着用 子どもに表情伝わりづらいなど課題も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012486701000.html
共感するということ、大切ですね。社会に入ってからも共感をすることの大切さを感じます。
最初に子供たちが自分を主として何を考え何を感じているのかを自分の言葉として発することからはじまると思いますが、ついつい親の目線だけで話をしてしまうので、自主性を発せるように気をつけたいと思います。それで、子供は一人一人が違うことを認識し、相手の意見や振る舞いにどれだけ共感することができるか、お友達が発していることに対する共感をできる力を身につけて欲しいと思います。
センス・オブ・ワンダーを持ち続ける。

感じたこと、考えたことなどを、子どもと会話する。大人と子どもが素直な感性を共有する。

寄り添う大人に共感してもらいながら育つと、子どもの感性や創造力が豊かになり、共感力も育まれます。

生涯、好奇心を失うことなく、人生を充実させることができますね。
一神教の世界の人たちの言う「共感」とは、「自分と同じ相手を敵と思うこと」なのであって、そういう共感力は確かにある社会の協調性ではあるが、果たしてどうなのだろうか?
「共感」できる、「共感」してもらえる…そのためには、心の感性が重要となります。そして、それは幼少期から、だんだんと育成しないと得ることが困難なもののように感じます。

言語の習得と似ているのかもしれませんね。ある程度大人になってからでは、無理ではないとは思いますが、非常に難しいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません