新着Pick
347Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
結局、コロナもアジア太平洋戦争も似たようなシナリオだな。序盤は構造的欠点を抱えながらも何となくワークして、最後はインパール。
人気 Picker
参考となる3日前の検査件数は10,504件で、年末の帰省を前に駆け込みで検査を受けた人が加わっている可能性があります。

10代82、20代385、30代248、40代195、50代178、60代88人。

濃厚接触者から「陽性」となった人だけで、408人。家族感染が最も多い経路です。

入院か宿泊療養か調整中が2,341件で、ここの業務が大変になってきていると思われます。全国の重症者も13人増え 681人と過去最多になっており、東京以外の医療負担も重くなってきています。
2020年最後の日、大晦日。東京都内だけでなく、国内全体の陽性者の数と重症者数も、すでにこの時間で過去最多を更新しました。このままいけば、年明け以降、政府はより強い対応を出さざるを得なくなるでしょう。メッセージが国・自治体でそろわない状況が続き、どうにも後手に回っている印象が否めません。新年早々、首相のリーダーシップが問われます。
どうしようもない、というのが本音。接触確認アプリを見ても200日以上陽性者との接触はなく(そもそもこのアプリがワークしているかどうかの議論は置いといて)、常にマスク着用、忘年会などの大人数での会食もせず、手洗い・うがい、早寝早起きを徹底している方々にこれ以上何を求めるのか。やれることは今までどおりの基本動作を徹底し、高い意識を持ち続けること。それしかないので、数字を見ても冷静でいたいです。
なぜここまで増えたのかの分析を早く知りたいです。年末年始で発表数が減ると思われたこの時期に激増するのは、年末年始ならではの特殊な事情があったと思います。いずれにせよ、PCR検査の抑制、クラスターの追跡、経済へのシフトという政府のこれまでの方針は、一から見直す必要があります。
コロナに始まりコロナで終わった1年でした。
「魔法の消しゴム」があったら消したいような1年でした。
都内のPCR検査陽性率は10%を超え、
検査をした数だけ感染者が増える有り様です。
すでに市中感染が広がっており、
前日より393人増の「1337人」も驚くに値しない。
むしろ問題は、経済活動が再開する1月4日以降、
「日々1千人超え」となる可能性が高いこと。
医療提供体制が崩壊し、助かる命がたくさん失われます。
未曾有の国難に「喋れない首相」では持ちません。
菅政権は、福島第一原発事故発災時の
悪夢のような菅直人政権に似てきました。
第1波、第2波はともかく、大晦日に1300人超えの
「第3波」の来襲は「人災」の誹りを免れません。
私もそうですが、年末年始を家で過ごす為に、買い物などに嫌でも外出が続きました。
駅や電車はかなり空いていますが、スーパーや百貨店などはかなり混んでいて、入場制限をしている状態です。

あと、旅行と外食は控えて…家族だけで過ごして…と言うことで、家族総出で外出している方々がかなり多いです。
家族同士だと気軽にマスクをずらしたり、大声で話したりするので、結果的にかなり密になり、飛沫も飛んでしまいますね。

また、最近では、手が荒れるからか、お店側が言わないからか、消毒液も使わない人が増えています。

家族同士ならば何をしても良い…という解釈は危険ですね。
旅行や外食でなくても、結局同じことになってしまいます。
これは、言い方に気をつけた方が良いと思いました。
どうやら、新規感染者が3000人のラインに乗ったか?

明日から、検査・診察がストップする(?)だろうから、感染者数はそれほど伸びないが、休み明けに激増するだろう。

それよりも、休みの間に感染者に対する手当てが縮小することが怖い。

なんとしても、感染しない感染者させないよう、「勝手緊急事態宣言」をわが家に発出した。人混みには行かない。人との接触はしない。近くにも寄らない。あちこち触らない。

感染したら終わり。感染してから責任を云々しても手遅れだ。
一気に増えた感はありますが、重症者数や病床稼働数など他の指標も見ながら、冷静に判断したいところ。
年末年始は最前線で働く医療現場に敬意を払いながら、家族だけで静かに大人しく過ごすべし、でしょう。
数だけで判断してはいけないと思いますが、
休み前の駆け込み検査の結果でしょうね。
2021年もまだコロナ続きそうですね。
東京の街の雰囲気見ても
まだ感染者数は増えそうですね。
さすがに増えすぎですね。このままなら本当に非常事態宣言が出されても不思議ではありません。
正月が明けてどうなるかが重要ですね。