新着Pick
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事とともに知っておいていただきたいポイントは、以下の3点です。

•ワクチンの効果が見られるようになるのは、ワクチン接種から約2週間後、効果が最大化するのは約1ヶ月後になります。

•効果が最大化した後では、とても高い効果が見られる可能性が高いものの、100%の防御は保証されません。

•臨床試験で示されたのは、症状のあるCOVIDを減らす効果のみであり、例えば無症状の感染や感染の媒介になるリスクを減らせるかどうかまでは示すことができていません。

以上から、パンデミック終息ないし新たなエビデンスの確立までは、ワクチン接種後も、マスクや手洗いなどの感染予防策を続ける必要があります。
有効率が「1回目の接種で50%程度、2回目で95%に上がる」で、既に数百万人に摂取しているのだから、こうした例がない方がおかしく、なんのニュースバリューもない。統計的思考できないお馬鹿さんたちが騒ぐのかもしれないけど無視
2回打つことが前提、さらに予防効果が出るのは接種後10─14日程度後。ワクチン接種後も油断できないことは同じ。
「2度目の摂取を経て、95%をフォローできる」
これ、読んで無いのですか?
正直に申し上げると、記事は全く読んでませんが、筆者に対して嫌悪感を抱きました。
何が目的ですか?国民の不安を煽ること?
面白そうだから飛びつくのはわかります。それが仕事ですし、なにも間違った情報だと言いたいわけでもない。ただし、見出しの内容で完結するのなら、読む価値がない。腹立たしい見出しですね。
このようなライターさんは、私を含めた情報弱者とされる人間をどこへ連れていきたいのでしょうか?
まだ一回目、しかも効果出る前ということね。

「ファミリー・ヘルス・センター(サンディエゴ)の感染病の専門家は、同メディアに対し、予防効果が出るのはワクチン接種後10─14日程度後ということが治験で分かっており、今回のような事態は予想されていたとし、予防効果は1回目の接種で50%程度、2回目で95%に上がると述べた。」
「予防効果は1回目の接種で50%程度、2回目で95%に上がる」
なので、今回の事例のように効果が出る前だったにせよ、効果が出始めてからにせよ、感染する人は当然出る。

踊らされないように。
専門家によると、目下の段階では「人間モルモット」同然とのこと。
私は還暦を過ぎましたが、複数のお医者さんの意見(ホンネ)に従い、
「安全かどうか」も「効くかどうか」も分からない、
しかも「痛いワクチン」を打つ気はありません。
すでに市中感染は広がっており、
いつどこで感染しても不思議ではありませんが、
かなり対処療法が進歩しており、重症化率が下がっています。
免疫力を高める食事と睡眠と適度な運動で
何とか乗り切れると、勝手に考えています。
ワクチンを接種しても、抗体ができるか否か、抗体ができる速度は、人により違ってきます。

抗体が不十分な状態で感染すれば発症するのは当然ですよね。ロイターの記事の意図がわかりません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この記事のタイトル。誰が得するの?ファイザーの株価を操作しようとしているように見えますよ。よく考えれば、インフルエンザのワクチンだって接種してから10日ぐらいしないと効果ないって聞いてますよね。普通の話。
どこの国のマスゴミも、大衆の不安を煽るのが仕事になってますね。

業績

朝日放送株式会社(あさひほうそう、英称:Asahi Broadcasting Corporation)は、近畿広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者である。略称はABC(エービーシー)。 ウィキペディア
時価総額
291 億円

業績