新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『選択の科学』では、外敵もいず食料もたっぷりある動物園の象のほうが野生の象より寿命が短いという話が出てきます(ほかの例もいろいろあります)。私が研究者になったのも「自分で決められるか」。女性に限らずとても重要と思います。
経営戦略論の開祖の一人イゴール・アンゾフは、目的と現状の差異を発見し、新たな事業を手がけようとすることを起業家精神と呼びましたが、干場さんはまさにその意味で起業家精神の人だなと思いました。
当時に日常の中でそういうことに気がつくことから、様々なことが始まっていることも興味深く、こうした日々の気づきと事業という持続可能な形への変換という実践を重ねてきた結果が、記事中にある新たな取り組みへとまた向かうことへと繋がっているのだろうなとも思います。
ディスカヴァー・トゥエンティワンの共同創業者・干場弓子さんの連載第7回(最終回)です。
---
取次を通さない「直取引」と独自の企画開発力で異彩を放つ出版社、ディスカヴァー・トゥエンティワン。創業社長として35年、成長を率いた干場弓子さんは、勝間和代さんなど時代を象徴するキーパーソンを発掘した功績でも知られる。

近年は、日本の出版コンテンツの世界展開にも尽力してきた。華やかで屈託のない笑顔の裏には、いくつものピンチを乗り越えた歴史がある。

社長を退任して1年。「楽しくなければ、仕事じゃない」と言い切る干場さんが指針にする哲学、そしてこれから描くセカンドキャリアとは。(全7回)

■第1回 今を楽しく生きる、ディスカヴァー21創業者の仕事道
■第2回 イノベーションは、個人の中の多様性から生まれる
■第3回 何のために仕事をするのか。私が見つけた働く理由
■第4回 「ないない尽くし」だからオリジナリティが生まれた
■第5回 企画のつくり方「テーマが先か、人が先か?」
■第6回 出版不況「3つの要因」と「2つの成長戦略」
■第7回 無理なく楽しく働ける条件は「自分で決められるか」
干場さんの生き方、女性だけでなく男性にも当てはまるのでは。

確かIBMやAPPLEの経営幹部だったエレン・ハンコック氏だったと思いますが、「チャンスは準備している人にしか見えない。いつ来ても大丈夫なように準備しておけ。」という言葉が印象に残っています。

歳を重ねても準備は怠らずに、内なる自分の声に耳を傾けながら夢を追い続けることができたら幸せですね。さあ、今日も頑張ろう。
自分の人生を自分でコントロールできている感、が幸福の基準の一つだと思っており、大変共感しました。

それにしても60代には全く見えませんね、お若い。仕事が充実してると外側にも現れるという代表例として、外で働きたい嫁を送り出すモチベーションにいたしたく候。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。