新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
1月後半の報道で恐怖することにならないよう、願います。
人気 Picker
医療現場の逼迫具合を最もタイムリーに表すのは、「救急車の受け入れ困難事例の増加」だと思います。病床が満床になったりICUのキャパシティがなかったりすると、重症な患者や手術が必要な患者の救急要請を受け入れられなくなるためです。

東京都は「救急隊による5医療機関への受入要請又は選定開始から20分以上経過しても搬送先医療機関が決定しない」、いわゆる受け入れ困難事例の数を「東京ルール適用件数」というモニタリング指標の1つとして公開していますが、最近2日間は1日に80件と顕著な増加を認めています。
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/cards/number-of-tokyo-rules-applied/

これまでは、4月頃にコロナ患者が急増した時期や8月の猛暑で熱中症患者が増えた時期にこの東京ルール適用件数が増えていました。医療提供体制が手薄になる年末年始の時期に、さらに状況が悪化することが懸念されます。
高麗先生もおっしゃっていますが、私の年末年始もまだ終わってはいません。
コロナ禍があろうとなかろうと、勤務医の年末年始やGWは鬼門なのです。

もともと勤務医の残業時間の上限は、過労死上限の倍以上、1860時間に設定されています。そして、連続勤務時間は28時間までに制限し勤務間に9時間のインターバルを置くというふうな、普通に考えるとちょっと考えられないような設定です(昔はもっとひどかったです)。

▷医師の残業上限「1860時間」という新たな案に激論
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/no1860toiutanani

二次病院、三次病院は、コロナ前からぎりぎりの条件で戦ってきています。そして、赤字に苦しみ、場合によっては効率化をという声にさらされてきました。
もうからない手間のかかる業務を行い、教育を行い、場合によっては研究も行っているのだから、赤字体質になりがちですよね。

でも、そのような病院が、いまの非常時の医療を支えていることを覚えておいていただきたいのです。

できれば、このコロナ禍が終わった以降、勤務医の状況がもう少し良くなるように、なにか声を上げてくだされば嬉しいです。

そんな条件の中、この9ヶ月間、感染リスクに心揺れつつ、この第3波に突入しました。家と病院を往復するか、救急外来に行くか、外勤をするかのどれか以外、会食もずーっとしていません。

皆さんもお辛いですよね。
でも、外出などをできる範囲で控え感染対策をお願いします。

さて年末年始、記録的な大雪になるそうです。
これで、外出が減ることを期待したいです。

でも、『けが』には十分、留意してくださいね。
感染症だけでなく、防げる事故を防ぐことも大事です。
望む望まないに関わらず、受け皿はなくなってきています。

誰かのせいにするのは終わったあとに。
なんとか超えたら、、その後に喜び合いましょう。
それよりも今は、皆さんと周囲の大事な方々を守るための行動をしていただければ嬉しいです。
ハンマー&ダンスであれば、波はだんだん小さくなるはずだったが、次第に大きくなってきた。人々の行動抑制の程度が最初ほど大きかったからかもしれない。リスクに慣れてきた状況で行動変容をお願いすることは一層難しくなってきた。リーダーシップに期待したい。
菅さんや小池さんの言葉がどうとかは関係なく、確かに忘年会・新年会、あとは初詣や初売りを控えたら、人出はだいぶ抑えられる時期ではあるのでなんとか一旦は減少に転じてほしい!(希望的な意味も含めて)

とはいえ、オンライン初詣もあるようですが、別に感染対策をキチッとやって屋外ですし飲食ナシにしたら、ある程度の人数の初詣はできそうですけど。
(オンライン事前予約制とかにして)

それだけは良いですよとも言いづらいし、実際人気スポットはめちゃくちゃ密になりますもんね。

ここにきてリーダーシップに頼って人々の行動は変わるのだろうか、、、まぁ、他に方法もないのですかね。



なお、どうでもいいですけど、予想に漏れず勤務医の私は年越し24時間勤務です。

年末年始をフルで休んでる勤務医なんてほとんどいないでしょうから、個人的にはそれでもだいぶ恵まれたシフトで働いています。

ほとんど休み返上で働いている(返上というかそもそも与えられていないようなもの?)医療者のことを考えると申し訳ないくらいです。

とはいえ、医療者や病院に感謝していただいたり気を使っていただく必要はありません。していただける分には嬉しいのですが。

初心に戻ってご自身とご家族・大切な方のために感染対策をがんばってください。死に至らなくてもやはり闘病は大変ですし、実際受診先を探すのも救急搬送先を選定するのも大変だと思いますよ。
どうみても社会との対話に失敗していると思います。断続的に医療崩壊だと言われても、年末年始、街の病院は軒並み年末休暇なわけで、どうしてこういうことになっているのか、小康状態の半年間にこうならないために何をしていたのか、の説明が一切ないのに「お前らが頑張らないからこうなった」という情報発信が刺さる理由がないと思います。たまには毎月出てくる基礎的な経済指標もご覧になられた方が良いかと思います。
新型コロナウイルス患者を受け入れて下さる病院が逼迫し、お医者さん、看護師さん、その他ご関係の皆様が獅子奮迅の働きをして下さっていることに深い感謝の念を覚えますし、感染拡大で更に負担をお掛けすることがあってはならないと衷心から思います。その一方、数の多い民間病院の大部分は新型コロナウイルス患者の受け入れを拒絶しているようで、この年末年始、お医者さんの多くは我関せず焉で過ごされるでしょう、たぶん。
この場で言っても詮方ないと十分知りつつも、「かつてない大きさの第3波が襲いかかってきている。いつ感染爆発が起きても誰が感染していてもおかしくない状況だ。この年末年始が分水れいだ」といった情緒的な言葉を元に物言わぬ大衆に「年末年始は家で静かに過ごし、忘年会や新年会、会食などは行わないよう強く呼びかける」に止まらず、医療体制そのものを何とかすべく声を大にして叫んで欲しい、とついつい感じてしまいます。骨の折れる仕事ではあるのでしょうが・・・ f^^;
理解は出来るのですが、その年末年始をステイホームする為に今は買い出しに行かないと行けない訳ですし、きっと年末年始の東京圏人口は例年より多いと思われるので、今日までは難しいと思います。

あと、医療体制崩壊と叫んでも、街中の医院やクリニックは、年明け3日までお休みに入っているところばかりで、言えば言うほど空々しいです。
もっとはっきりと、街中の医師は休んでいますが、大病院や救急病院がひっ迫しています。街中の開業医は、年末年始は稼働しないので、勤務医や看護師さんが忙しいのです。救急車を受け入れてくれる病院が大変ですと、きちんと言った方が良いです。

先ほど、街中で一人で歩いていて倒れた高齢者の方を乗せた救急車は、受け入れ先が見つからず、しばらく止まっていました。でも、救急車の対角線にある内科医院は年末年始休業です。こういう矛盾した場面に遭遇しないと肌感覚では分からないと思います。
会見を動画でみましたが、「忘年会ナシ、新年会ナシ、飲み会ナシ」など言い回しを工夫しながら言葉を伝えようとしていた様子がうかがえました。特に、若い人たちに向けて「夜間外出ナシ」を呼びかけていたのも印象的でした。

しかし、テレビのニュース枠も少ない年末年始。ここで人の流れを抑えて感染拡大を抑え込もうという国民的な意思が共有できているとはとても思えません。要請ベースの呼びかけは、政治の信頼なくして実効性を持ちえないところがあります。

医療現場にいる知人からも、飲食店の現場で働く知人からも、悲鳴が聞こえてきます。政府と自治体が同じ方向を向いて、政策を総動員して進めないことには、局面は転換できないでしょう。言葉をつらねるだけではオオカミ少年になってしまう恐れがあります。
12月がこのペースでの拡大なので、大きく行動が変わらない限りは1-2月にかけてどんどん悪化しそう…慣れも大きく、第一波と同じ対応が同じ効果があるとは限らないですし心配です。

私は生産者さん飲食店などの繋がりが多いのでそちらの悲鳴に心を痛めがちですが、今はとにかく最悪のケースを防ぐことが第一優先だと思っています。

一刻も早い終息を願います。94歳のおばあちゃんに会いにいける日常が返ってきますように。
東京大学 大澤幸生先生の提唱する”Stay with Your Community”を実践します.
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a4df926bfbb12533a28a266cf055e583e272718
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア